サポートされていないインスタンスタイプ - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポートされていないインスタンスタイプ

クラスターを作成し、「The requested instance type InstanceType is not supported in the requested Availability Zone」というエラーメッセージが表示されて失敗した場合、クラスターを作成した際に、クラスターを作成したリージョンとアベイラビリティーゾーンで、Amazon EMR でサポートされていない 1 つ以上のインスタンスグループのインスタンスタイプを指定したことを意味します。Amazon EMR は、リージョン内のあるアベイラビリティーゾーンではインスタンスタイプをサポートし、別のアベイラビリティーゾーンではサポートしないことがあります。クラスターに選択したサブネットによって、リージョン内のアベイラビリティーゾーンが決まります。

解決策

AWS CLI を使用して、アベイラビリティーゾーンで使用可能なインスタンスタイプを判別する

  • ec2 run-instances コマンドで --dry-run オプションを使用します。以下の例で、m5.xlarge を使用するインスタンスタイプに置き換え、ami-035be7bafff33b6b6 をそのインスタンスタイプに関連付けられている AMI に置き換え、subnet-12ab3c45 をクエリ対象のアベイラビリティーゾーン内のサブネットに置き換えてください。

    aws ec2 run-instances --instance-type m5.xlarge --dry-run --image-id ami-035be7bafff33b6b6 --subnet-id subnet-12ab3c45

    AMI ID の検索手順については、「Linux AMI の検索」を参照してください。サブネット ID を見つけるには、describe-subnets コマンドを使用できます。

使用可能なインスタンスタイプの検出方法の詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスタイプの検索

使用可能なインスタンスタイプを決定したら、以下のいずれかを実行できます。

  • 同じリージョンと EC2 サブネットにクラスターを作成し、最初に選択したものと同様の機能を持つ別のインスタンスタイプを選択します。サポートされているインスタンスタイプについては、「サポートされるインスタンスタイプ」を参照してください。EC2 インスタンスタイプの機能を比較するには、「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

  • インスタンスタイプが使用可能かつ Amazon EMR によってサポートされているアベイラビリティーゾーン内のクラスターのサブネットを選択します。