Amazon EBS ルートデバイスボリュームのサイズの指定 - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EBS ルートデバイスボリュームのサイズの指定

このオプションは Amazon EMR バージョン 4.x 以降でのみ利用できます。AWS Management Console、AWS CLI、または Amazon EMR API を使用してクラスターを作成するときに、10 GiB (デフォルト)〜100 GiB の範囲でボリュームサイズを指定できます。このサイズの適用対象は EBS ルートデバイスボリュームのみであり、クラスターのすべてのインスタンスに適用されます。ストレージボリュームには適用されません。ストレージボリュームのサイズは、クラスターの作成時にインスタンスタイプごとに指定します。

Amazon EBS の詳細については、「Amazon EC2 ルートデバイスボリューム」を参照してください。

注記

デフォルトの AMI を使用する場合、Amazon EMR はルートデバイスボリュームタイプとして汎用 SSD (gp2) をアタッチします。カスタム AMI には、異なるルートデバイスボリュームタイプを指定できます。ただし、カスタム AMI の最小ルートボリュームサイズも 10 GiB です。詳細については、「カスタム AMI の使用」を参照してください。

EBS ルートデバイスボリュームのコストは、クラスターが実行されるリージョンでのボリュームタイプの月次 EBS 料金に基づき、時間単位で計算されます。ストレージボリュームについても同様です。料金は GB 単位ですが、ルートボリュームサイズは GiB で指定するため、これに基づいて見積もることができます (1 GB は 0.931323 GiB です)。クラスターの EBS ルートデバイスボリュームに関連する料金を見積もるには、次の計算式を使用します。

($EBS GB/month) * 0.931323 / 30 / 24 * EMR_EBSRootGiB * InstanceCount

例えば、クラスターにマスターノードとコアノードがあり、このクラスターでルートデバイスボリュームがデフォルトの 10 GiB であるベース Amazon Linux AMI を使用するとします。リージョンの EBS コストが月額 0.10 USD/GB である場合、インスタンスあたりの料金は約 0.00129 USD/時、クラスター全体の料金は約 0.00258 USD/時となります (月額 0.10 USD/GB を 30 日で割り、さらに 24 時間で割って、この値に 10 GB を乗算し、さらに 2 クラスターインスタンスを乗算します)。

コンソールを使用して EBS ルートデバイスボリュームのサイズを指定するには

  1. で Amazon EMR コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/elasticmapreduce/

  2. [Create cluster] (クラスターを作成) を選択します。

  3. [Go to advanced options] を選択します。

  4. [Software Configuration] の [Release] で、アプリケーションの必要に応じて 4.x または 5.x の値とその他のオプションを選択し、[Next] を選択します。

  5. [Hardware Configuration] の [Root device EBS volume size] に、10 GiB〜100 GiB の値を入力します。

AWS CLI を使用して EBS ルートデバイスボリュームサイズを指定するには

  • 次の例のように、create-cluster コマンドの --ebs-root-volume-size パラメータを使用します。

    注記

    読みやすくするために、Linux 行連続文字 (\) が含まれています。Linux コマンドでは、これらは削除することも、使用することもできます。Windows の場合、削除するか、キャレット (^) に置き換えてください。

    aws emr create-cluster --release-label emr-5.7.0 \ --ebs-root-volume-size 20 --instance-groups InstanceGroupType=MASTER,\ InstanceCount=1,InstanceType=m5.xlarge InstanceGroupType=CORE,InstanceCount=2,InstanceType=m5.xlarge