Amazon の開始方法 EventBridge - Amazon EventBridge

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon の開始方法 EventBridge

の基礎 EventBridge は、イベントターゲット にルーティングするルールを作成することです。このセクションでは、基本的なルールを作成します。特定のシナリオと特定のターゲットのチュートリアルについては、「Amazon EventBridge チュートリアル」を参照してください。

Amazon でルールを作成する EventBridge

イベントのルールを作成するには、 がルールのイベントパターンに一致するイベント EventBridge を受信したときに実行するアクションを指定します。イベントが一致すると、 は指定されたターゲットにイベント EventBridge を送信し、ルールで定義されたアクションをトリガーします。

AWS アカウントの AWS サービスがイベントを発行すると、常にアカウントのデフォルトのイベントバスに移動します。アカウントの AWS のサービスからのイベントに一致するルールを作成するには、そのルールをデフォルトのイベントバスに関連付ける必要があります。

AWS サービスのルールを作成するには
  1. https://console.aws.amazon.com/events/ で Amazon EventBridge コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで Rules] (ルール) を選択します。

  3. ルールの作成‭ を選択します。

  4. ルールの名前と説明を入力します。

    ルールには、同じリージョン内および同じイベントバス上の別のルールと同じ名前を付けることはできません。

  5. Event bus] (イベントバス) では、このルールに関連付けるイベントバスを選択します。このルールをアカウントからのイベントと一致させるには、 AWS のデフォルトのイベントバスを選択します。アカウントの AWS サービスがイベントを発行すると、常にアカウントのデフォルトのイベントバスに移動します。

  6. [Rule type] (ルールタイプ) では、[Rule with an event pattern] (イベントパターンを持つルール) を選択します。

  7. 次へ をクリックします。

  8. [Event source] (イベントソース) では、AWS [services] (サービス) を選択します。

  9. (オプション) [Sample events] (イベント例) では、イベントのタイプを選択します。

  10. [Event pattern] (イベントパターン) の場合は、次のいずれかを実行します。

    • テンプレートを使用してイベントパターンを作成するには、[Event pattern form] (イベントパターンフォーム) を選択し、さらに [Event source] (イベントソース) および [Event type] (イベントタイプ) を選択します。イベントタイプとしてすべてのイベントを選択すると、この AWS サービスによって発行されたすべてのイベントがルールと一致します。

      テンプレートをカスタマイズするには、[Custom pattern (JSON editor)] (カスタムパターン (JSON エディタ)) を選択して変更します。

    • カスタムイベントパターンを使用するには、[Custom pattern (JSON editor)] (カスタムパターン (JSON エディタ)) を選択し、イベントパターンを作成します。

  11. 次へ をクリックします。

  12. ターゲットタイプ] では、AWS サービス] を選択します。

  13. ターゲットの選択 で、 がイベントパターンに一致するイベント EventBridge を検出したときに情報を送信する AWS サービスを選択します。

  14. 表示されるフィールドは、選択したサービスによって異なります。必要に応じて、このターゲットタイプに固有の情報を入力します。

  15. 多くのターゲットタイプでは、 にターゲットにイベントを送信するためのアクセス許可 EventBridge が必要です。このような場合は、ルールの実行に必要な IAM ロール EventBridge を作成できます。次のいずれかを行います。

    • 自動的に IAM ロールを作成するには、この特定のリソースに対して新しいロールを作成する を選択します。

    • 以前に作成した IAM ロールを使用するには、[Use existing role] (既存のロールの使用) をクリックし、ドロップダウンリストから既存のロールを選択します。

  16. (オプション) [Additional settings] (追加設定) では、以下を実行します。

    1. Maximum age of event (最大イベント有効期間) に、1 分 (00:01) から 24 時間 (24:00) の間の値を入力します。

    2. 再試行 で、0~185 の数値を入力します。

    3. デッドレターキュー では、スタンダード Amazon SQS キューをデッドレターキューとして使用するかどうかを選択します。ターゲットに正常に配信されない場合、 はこのルールに一致するイベントをデッドレターキュー EventBridge に送信します。次のいずれかを行います。

      • デッドレターキューを使用しない場合は、[None] (なし) を選択します。

      • Select an Amazon SQS queue in the current AWS account to use as the dead-letter queue(デッドレターキューとして使用する現在の アカウントの Amazon SQS キューを選択) を選択し、ドロップダウンリストから使用するキューを選択します。

      • デッドレターキューとして他の AWS アカウントの Amazon SQS キューを選択を選択し、使用するキューの ARN を入力します。キューにメッセージを送信する EventBridge アクセス許可を付与するリソースベースのポリシーをアタッチする必要があります。詳細については、「デッドレターキューへのアクセス許可の付与」を参照してください。

  17. (オプション) [Add another target] (別のターゲットを追加) を選択して、このルールに別のターゲットを追加します。

  18. 次へ をクリックします。

  19. (オプション) ルールに 1 つ以上のタグを入力します。詳細については、「Amazon EventBridge タグ」を参照してください。

  20. 次へ をクリックします。

  21. ルールの詳細を確認し、ルールの作成 を選択します。