ステップ 3: Amazon FSx ファイルゲートウェイを作成してアクティブ化する - AWSStorage Gateway

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: Amazon FSx ファイルゲートウェイを作成してアクティブ化する

このセクションでは、でファイルゲートウェイを作成、デプロイ、およびアクティブ化する方法の手順を確認できます。AWS Storage Gateway。

Amazon FSx ファイルゲートウェイをセットアップする

新しい FSx ファイルゲートウェイをセットアップするには

  1. を開くAWS Management Consoleでhttps://console.aws.amazon.com/storagegateway/home/を選択し、AWS リージョンゲートウェイを作成する場所。

  2. 選択ゲートウェイの作成をクリックして、[] を開きます。ゲートウェイの設定ページで.

  3. ゲートウェイ設定[] セクションで、次の操作を行います。

    1. [ゲートウェイ名] に、ゲートウェイの名前を入力します。ゲートウェイを作成したら、この名前を検索して、リストページでゲートウェイを検索できます。AWS Storage Gatewayconsole.

    2. を使用する場合ゲートウェイのタイムゾーンで、ゲートウェイをデプロイする世界の地域のタイムゾーンを選択します。

  4. ゲートウェイのオプションセクションに設定します。ゲートウェイタイプで、Amazon FSx ファイルゲートウェイ

  5. プラットフォームオプション[] セクションで、次の操作を行います。

    1. を使用する場合ホストプラットフォームで、ゲートウェイをデプロイするプラットフォームを選択します。次に、Storage Gateway のコンソール・ページに表示されるプラットフォーム固有の指示に従って、ホスト・プラットフォームをセットアップします。以下のオプションから選択できます。

      • VMware ESXi— VMware ESXi を使用してゲートウェイ仮想マシンをダウンロード、デプロイ、および構成します。

      • Microsoft Hyper-V— Microsoft Hyper-V を使用してゲートウェイ仮想マシンをダウンロード、デプロイ、および構成します。

      • Linux KVM— Linux カーネルベースの仮想マシン (KVM) を使用して、ゲートウェイ仮想マシンをダウンロード、デプロイ、および設定します。

      • Amazon EC2— Amazon EC2 インスタンスを設定して起動します。ゲートウェイをホストします。

      • ハードウェアアプライアンス— 専用物理ハードウェアアプライアンスを注文するAWS[] を選択すると、ゲートウェイをホストできます。

    2. を使用する場合ゲートウェイの設定を確認で、チェックボックスをオンにして、選択したホストプラットフォームのデプロイメント手順を実行したことを確認します。この手順は、ハードウェアアプライアンスホストプラットフォーム。

  6. ゲートウェイがセットアップされたら、ゲートウェイがどのように接続して通信するかを選択する必要があります。AWS。選択をクリックして、[] に進みます。

Amazon FSx ファイルゲートウェイをConnect するAWS

新しい FSx ファイルゲートウェイをに接続するにはAWS

  1. まだ実行していない場合は、「」で説明する手順を実行します。Amazon FSx ファイルゲートウェイをセットアップする。完了したら、[] を選択します。をクリックして、[] を開きます。に接続します。AWSのページでAWS Storage Gatewayconsole.

  2. エンドポイントオプションセクションに設定します。サービスエンドポイントで、ゲートウェイが通信に使用するエンドポイントのタイプを選択します。AWS。以下のオプションから選択できます。

    • パブリックアクセス可能— ゲートウェイがと通信するAWSパブリックインターネット経由で このオプションを選択した場合は、FIPS 対応エンドポイントチェックボックスをオンにして、接続が連邦情報処理標準 (FIPS) に準拠している必要があるかどうかを指定します。

      注記

      アクセス時に FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合はAWSコマンドラインインターフェイスまたは API を使用して、FIPS 準拠エンドポイントを使用します。詳細については、連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2 を参照してください。

      FIPS サービスエンドポイントは、一部でのみ使用できます。AWS地域。詳細については、AWS Storage Gateway 全般のリファレンスの「AWS エンドポイントとクォータ」を参照してください。

    • VPC がホストされている— ゲートウェイがと通信するAWSVirtual Private Cloud (VPC) とのプライベート接続を使用して、ネットワーク設定をコントロールできます。このオプションを選択した場合は、ドロップダウンリストから VPC エンドポイント ID を選択して、既存の VPC エンドポイントを指定する必要があります。また、その VPC エンドポイントドメインネームシステム (DNS) 名または IP アドレスを指定することもできます。

  3. ゲートウェイ接続オプションセクションに設定します。接続オプションで、ゲートウェイの識別方法を選択します。AWS。以下のオプションから選択できます。

    • IP address— 対応するフィールドにゲートウェイの IP アドレスを指定します。この IP アドレスは、パブリックであるか、現在のネットワーク内からアクセス可能である必要があります。また、Web ブラウザから IP アドレスに接続できる必要があります。

      ゲートウェイ IP アドレスを取得するには、ハイパーバイザークライアントからゲートウェイのローカルコンソールにログインするか、Amazon EC2 インスタンスの詳細ページからコピーします。

    • アクティベーションキー— 対応するフィールドにゲートウェイのアクティベーションキーを指定します。ゲートウェイのローカルコンソールを使用してアクティベーションキーを生成できます。ゲートウェイの IP アドレスが使用できない場合は、このオプションを選択します。

  4. これで、ゲートウェイの接続方法を選択しました。AWSの場合は、ゲートウェイをアクティブ化する必要があります。選択をクリックして、[] に進みます。

設定を確認し、Amazon FSx ファイルゲートウェイをアクティブ化する

新しい FSx ファイルゲートウェイをアクティブ化するには

  1. まだ実行していない場合は、次のトピックで説明する手順を実行します。

    完了したら、[] を選択します。をクリックして、[] を開きます。確認してアクティブ化します。のページでAWS Storage Gatewayconsole.

  2. ページの各セクションの最初のゲートウェイの詳細を確認します。

  3. セクションにエラーが含まれている場合は、編集をクリックして、対応する設定ページに戻り、変更を加えます。

    重要

    ゲートウェイがアクティブ化された後は、ゲートウェイオプションまたは接続設定を変更することはできません。

  4. ゲートウェイをアクティブ化したので、ローカルストレージディスクを割り当ててログを構成するための最初の構成を実行する必要があります。選択をクリックして、[] に進みます。

Amazon FSx ファイルゲートウェイを設定する

新しい FSx ファイルゲートウェイで初回設定を実行するには

  1. まだ実行していない場合は、次のトピックで説明する手順を実行します。

    完了したら、[] を選択します。をクリックして、[] を開きます。ゲートウェイの設定のページでAWS Storage Gatewayconsole.

  2. キャッシュストレージの設定セクションで、ドロップダウンリストを使用して、150 ギガバイト (GiB) 以上の容量を持つ少なくとも 1 つのローカルディスクをCache。このセクションにリストされているローカルディスクは、ホストプラットフォームでプロビジョニングした物理ストレージに対応しています。

  3. CloudWatch ロググループセクションで、ゲートウェイの健全性を監視するための Amazon CloudWatch Logs の設定方法を選択します。以下のオプションから選択できます。

    • 新しいロググループの作成— ゲートウェイを監視する新しいロググループを設定します。

    • 既存のロググループを使用する— 対応するドロップダウンリストから既存のロググループを選択します。

    • ロギングを無効化します。— Amazon CloudWatch Logs を使用してゲートウェイを監視しないでください。

  4. CloudWatch アラームセクションで、ゲートウェイのメトリックスが定義された制限から逸脱したときに通知するように Amazon CloudWatch アラームを設定する方法を選択します。以下のオプションから選択できます。

    • アラームを無効化します。— CloudWatch アラームを使用してゲートウェイのメトリクスに関する通知を受け取らないでください。

    • CloudWatch アラームのカスタム— ゲートウェイのメトリクスについて通知されるように、新しい CloudWatch アラームを設定します。選択アラームの作成をクリックして、Amazon CloudWatch コンソールでメトリクスを定義してアラームアクションを指定します。手順については、以下を参照してください。Amazon CloudWatch アラームを使用するAmazon CloudWatch ユーザーガイド

  5. (オプション)タグセクションで、[] を選択します。新しいタグを追加をクリックし、リストページでゲートウェイの検索やフィルタリングに便利な大文字と小文字の区別があるキーと値のペアを入力します。AWS Storage Gatewayconsole. 必要な数のタグを追加するには、この手順を繰り返します。

  6. (オプション)VMware HA 設定の確認セクションで、VMware High Availability (HA) が有効になっているクラスターの一部として VMware ホストにゲートウェイがデプロイされている場合は、VMware HA の確認をクリックして、HA 設定が正常に動作しているかどうかをテストします。

    注記

    このセクションは、VMware ホストプラットフォームで実行されているゲートウェイにのみ表示されます。

    この手順は、ゲートウェイ設定プロセスを完了するために必要ありません。ゲートウェイの HA 設定はいつでもテストできます。検証には数分かかり、Storage Gateway 仮想マシン (VM) を再起動します。

  7. 選択設定[] をクリックすると、ゲートウェイの作成が完了します。

    新しいゲートウェイのステータスを確認するには、[ゲートウェイのページでAWS Storage Gatewayconsole.

これでゲートウェイを作成したので、使用するファイルシステムをアタッチする必要があります。手順については、以下を参照してください。Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムをアタッチする

アタッチする既存の Amazon FSx ファイルシステムがない場合は、作成する必要があります。手順については、以下を参照してください。Amazon FSx の開始方法