Amazon Kinesis Data Firehose
開発者ガイド

Amazon Kinesis Data Firehose 配信ストリームの作成

AWS マネジメントコンソールまたは AWS SDK を使用して、選択した送信先への Kinesis Data Firehose 配信ストリームを作成できます。

配信ストリームの設定は、Kinesis Data Firehose コンソールまたは UpdateDestination を使用して、作成後のいつでも更新できます。設定の更新中は Kinesis Data Firehose 配信ストリームは ACTIVE 状態のままとなり、データの送信を続行できます。通常、更新された設定は数分以内に有効になります。設定を更新する度に、Kinesis Data Firehose 配信ストリームのバージョン番号は 1 ずつ上がり、配信される Amazon S3 オブジェクト名に反映されます。詳細については、「Amazon S3 オブジェクト名の形式」を参照してください。

以下のトピックでは、Kinesis Data Firehose 配信ストリームを作成する方法について説明します。