Firehose ストリームの作成 - Amazon Data Firehose

Amazon Data Firehose は、以前は Amazon Kinesis Data Firehose として知られていました

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Firehose ストリームの作成

AWS Management Console または AWS SDK を使用して、選択した送信先への Firehose ストリームを作成できます。

Amazon Data Firehose コンソールまたは を使用して、作成後いつでも Firehose ストリームの設定を更新できますUpdateDestination。Firehose ストリームは、設定の更新中も ACTIVE状態のままで、引き続きデータを送信できます。通常、更新された設定は数分以内に有効になります。Firehose ストリームのバージョン番号は、設定を更新1した後に の値だけ増加します。配信される Amazon S3 オブジェクト名に反映されます。詳細については、「Amazon S3 オブジェクト名の形式」を参照してください。

以下のトピックでは、Firehose ストリームを作成する方法について説明します。