ステップ 4: Splunk と Kinesis Data Firehose で結果を確認する - Amazon Kinesis Data Firehose

ステップ 4: Splunk と Kinesis Data Firehose で結果を確認する

この例では複数のポイントでデータの流れをモニタリングできます。Kinesis Data Firehose のチュートリアルのこのステップでは、Splunk のデータと最終的な送信先を確認し、Kinesis Data Firehose を通じてそのフローもモニタリングします。​

AWS​ と Splunk で結果を確認するには

  1. Kinesis Data Firehose コンソール (https://console.aws.amazon.com/firehose/) を開きます。

  2. 配信ストリームのリストで、[VPCtoSplunkStream (VPCtoSplunkStream)] を選択します。

  3. [Monitoring (モニタリング)] タブを選択してグラフを表示します。時間範囲を調整し、定期的に更新ボタンを使用してください。

  4. Splunk にデータが表示されない場合は、「データが Splunk に配信されない」を参照してください。

重要

結果を確認した後、保持する必要がない AWS リソースがあれば削除して、継続的な料金が発生しないようにします。