チュートリアル: Amazon Kinesis Data Firehose を使用した Splunk への VPC フローログ送信 - Amazon Kinesis Data Firehose

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: Amazon Kinesis Data Firehose を使用した Splunk への VPC フローログ送信

このチュートリアルでは、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)のネットワークインターフェイスとの間で行き来する IP トラフィックに関する情報をキャプチャする方法について説明します。その後、Amazon Kinesis Data Firehose を使用して、その情報を Splunk に送信します。VPC のネットワークトラフィックの詳細については、「」を参照してください。VPC フローログAmazon VPC User Guide

以下の図では、このチュートリアルで示されているデータの流れを示しています。


            ダイアグラム分割VPC から CloudWatch、Kinesis Data Firehose、およびAWS Lambdaをクリックし、Splunk に移動します。

図に示すように、まず Amazon VPC フローログを Amazon CloudWatch に送信します。次に CloudWatch から、データは Kinesis Data Firehose 配信ストリームに送信されます。次に Kinesis Data Firehose はAWS Lambda関数を使用してデータを解凍し、解凍されたログデータを Splunk に送信します。

Prerequisites

作業を開始する前に、次の前提条件が揃っていることを確認してください。