を使用した Kinesis Data Firehose への書き込みAWSSDK - Amazon Kinesis Data Firehose

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Kinesis Data Firehose への書き込みAWSSDK

「」を使用できます。Amazon Kinesis Data Firehose APIを使用した Kinesis Data Firehose の配信ストリームにデータを送信するには、AWSSDK for Java,.NET,Node.js,Python, またはRuby。Kinesis Data Firehose を初めて使用する場合、時間を取って「」で説明している概念と用語を理解してください。Amazon Kinesis Data Firehose とは何ですか?。詳細については、「アマゾン ウェブ サービスを使用した開発の開始」を参照してください。

これらのサンプルは、すべての例外を確認しているわけではなく、すべてのセキュリティやパフォーマンスの側面を考慮しているわけでもない点で、本稼働環境に使用できるコードを表すものではありません。

配信ストリームにデータを送信するための Kinesis Data Firehose API には、次の 2 つのオペレーションが用意されています。PutRecordおよびPutRecordBatchPutRecord()は1つの呼び出し内で1つのデータレコードを送信し、PutRecordBatch()は、1 回の呼び出しで複数のデータレコードを送信できます。

PutRecord を使用した単一の書き込みオペレーション

データの出力では、Kinesis Data Firehose 配信ストリーム名とバイトバッファ (<=1000 KB) のみが必要です。Amazon S3 にファイルをロードする前に、Kinesis Data Firehose は複数のレコードをバッチ処理するため、レコード区切り文字を追加することをお勧めします。レコードを一度にひとつずつ配信ストリームに出力するには、次のコードを使用します。

PutRecordRequest putRecordRequest = new PutRecordRequest(); putRecordRequest.setDeliveryStreamName(deliveryStreamName); String data = line + "\n"; Record record = new Record().withData(ByteBuffer.wrap(data.getBytes())); putRecordRequest.setRecord(record); // Put record into the DeliveryStream firehoseClient.putRecord(putRecordRequest);

コードコンテキストの詳細については、サンプルコードの「」で説明しているサンプルコードを参照してください。AWSSDKの書き込み リクエストと応答の構文の詳細については、「」の関連するトピックを参照してください。Amazon Kinesis Data Firehose のオペレーション

PutRecordBatch を使用したバッチ書き込みオペレーション

データの出力では、Kinesis Data Firehose 配信ストリーム名とレコードのリストのみが必要です。Amazon S3 にファイルをロードする前に、Kinesis Data Firehose は複数のレコードをバッチ処理するため、レコード区切り文字を追加することをお勧めします。データレコードをバッチで配信ストリームに出力するには、次のコードを使用します。

PutRecordBatchRequest putRecordBatchRequest = new PutRecordBatchRequest(); putRecordBatchRequest.setDeliveryStreamName(deliveryStreamName); putRecordBatchRequest.setRecords(recordList); // Put Record Batch records. Max No.Of Records we can put in a // single put record batch request is 500 firehoseClient.putRecordBatch(putRecordBatchRequest); recordList.clear();

コードコンテキストの詳細については、サンプルコードの「」で説明しているサンプルコードを参照してください。AWSSDKの書き込み リクエストと応答の構文の詳細については、「」の関連するトピックを参照してください。Amazon Kinesis Data Firehose のオペレーション