ライブラリロギングマクロの実装 - FreeRTOS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ライブラリロギングマクロの実装

FreeRTOS ライブラリは、冗長性の順にリストされた次のロギングマクロを使用します。

  • LogError

  • LogWarn

  • LogInfo

  • LogDebug

すべてのマクロの定義を指定する必要があります。推奨事項は次のとおりです。

  • マクロがサポートするべきC89スタイルのロギング。

  • ログ作成はスレッドセーフである必要がある。複数のタスクからのログ行は、相互にインターリーブしてはいけません。

  • ロギング API はブロックしてはならず、アプリケーションタスクが I/O でブロックされないようにする必要があります。

を参照してください。ログ作成機能実装の詳細についてはfreerTos.org を参照してください。これで実装が見られます

テスト

  • 複数のタスクでテストを実行して、ログがインターリーブされないことを確認します。

  • テストを実行して、ロギング API が I/O でブロックされないことを確認します。

  • 次のようなさまざまな標準でロギングマクロをテストします。C89,C99スタイルのロギング。

  • 次のような異なるログレベルを設定して、ログマクロをテストします。Debug,Info,Error, およびWarning