FreeRTOS 無線通信経由更新 - FreeRTOS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

FreeRTOS 無線通信経由更新

無線通信経由 (OTA) 更新を使用すると、フリートの 1 つまたは複数のデバイスにファームウェアをデプロイできます。OTA 更新はデバイスファームウェアの更新用に設計されていますが、AWS IoT に登録された 1 つ以上のデバイスにファイルを送信するために使用することができます。更新を無線で送信する場合は、ファイルを受信するデバイスが、途中で改ざんされていないことを確認できるように、デジタル署名することをお勧めします。

Code Signing for AWS IoT を使用してファイルに署名したり、独自のコード署名ツールでファイルに署名したりすることができます。

OTA 更新を作成すると、OTA 更新マネージャーサービス は更新が利用可能であることをデバイスに通知する AWS IoT ジョブを作成します。OTA デモアプリケーションは、デバイス上で動作し、AWS IoT ジョブの通知トピックに登録して更新メッセージを待ち受ける FreeRTOS タスクを作成します。更新が利用可能になると、OTA エージェントは、選択した設定に応じて HTTP または MQTT プロトコルを使用して、AWS IoT へリクエストを発行し、更新を受信します。OTA エージェント は、ダウンロードしたファイルのデジタル署名をチェックし、ファイルが有効な場合はファームウェアの更新をインストールします。FreeRTOS OTA 更新デモアプリケーションを使用していない場合は、AWS IoT 無線通信経由 (OTA) ライブラリ を独自のアプリケーションに統合して、ファームウェアの更新機能を取得する必要があります。

FreeRTOS over-the-air 更新により、次のことが可能になります。

  • デプロイ前にファームウェアにデジタル署名します。

  • 新しいファームウェアイメージを単一のデバイス、デバイスのグループ、またはフリート全体に展開します。

  • グループに追加、リセット、または再プロビジョニングされると、デバイスにファームウェアを展開します。

  • 新しいファームウェアがデバイスに導入された後、そのファームウェアの信頼性と完全性を検証します。

  • デプロイの進行状況をモニタリングします。

  • 失敗したデプロイをデバッグします。

OTA リソースをタグ付けする

OTA リソースの管理を支援するため、更新とストリームにはタグ形式で独自のメタデータをオプションで割り当てることができます。タグを使用すると、AWS IoT リソースをさまざまな方法で (目的、所有者、環境などに基づいて) 分類できます。これは、同じ種類のリソースが多い場合に役立ちます。リソースに割り当てたタグに基づいてリソースをすばやく特定できます。

詳細については、「AWS IoT リソースにタグを付ける」を参照してください。