Encrypting data in transit - FSx for Lustre

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Encrypting data in transit

Scratch 2 および永続ファイルシステムでは、転送中のデータを自動的に暗号化できます。次の表では、そのデプロイタイプ と のセルにチェックマークがある場合 AWS リージョン、転送中の暗号化をサポートする Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムにアクセスするとき、およびファイルシステム内のホスト間のすべての通信に対して、転送中のデータが暗号化されます。転送中の暗号化をサポートする EC2 インスタンスについては、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Encryption in transit」(転送中の暗号化) を参照してください。

スクラッチ 2 および永続ファイルシステムのデータの転送中の暗号化は、次の で利用できます AWS リージョン。

AWS リージョン Scratch_2 Persistent_1 Persistent_2

米国東部 (オハイオ)

米国東部 (バージニア北部)

米国西部 (オレゴン)

米国西部 (北カリフォルニア) *

米国西部 (ロサンゼルス)

AWS GovCloud (米国東部) *

AWS GovCloud (米国西部)

カナダ (中部) *

カナダ西部 (カルガリー) *

欧州 (アイルランド)

欧州 (ミラノ)

欧州 (フランクフルト)

欧州 (パリ)

欧州 (ロンドン)

欧州 (ストックホルム) *

アジアパシフィック (ソウル)

アジアパシフィック (シンガポール)

アジアパシフィック (東京) *

アジアパシフィック (ムンバイ) *

アジアパシフィック (香港) *

アジアパシフィック (シドニー) *

イスラエル (テルアビブ) *

南米 (サンパウロ) *

注記

* 2021 年 4 月 11 日以降に作成されたファイルシステムでは、転送中のデータ暗号化を使用できます。