ファイルのリリース - FSx for Lustre

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ファイルのリリース

リリースデータリポジトリタスクは、FSx for Lustre ファイルシステムからファイルのデータをリリースして、新しいファイルのためにスペースを解放します。ファイルを解放すると、ファイルのリストとメタデータは保持されますが、そのファイルのコンテンツのローカルコピーは削除されます。ユーザーまたはアプリケーションがリリースされたファイルにアクセスすると、データはリンクされた Amazon S3 バケットからファイルシステムに自動的かつ透過的に再ロードされます。

注記

リリースデータリポジトリタスクは FSx for Lustre 2.10 ファイルシステムでは使用できません。

[リリースするファイルシステムパス][前回のアクセスからの最小期間] パラメータによって、リリースされるファイルが決まります。

  • [リリースするファイルシステムパス]: リリースされるファイルのパスを指定します。

  • [前回のアクセスからの最小期間]: その期間内にアクセスされなかったファイルがリリースされるように、期間を日単位で指定します。ファイルが前回アクセスされてからの期間は、リリースタスクの作成時刻と前回ファイルにアクセスした時刻 (atimemtimectime の最大値) との差をとって計算されます。

ファイルパスに従ってファイルがリリースされるのは、ファイルが S3 にエクスポートされており、前回のアクセスからの期間が [前回のアクセスからの最小期間] の値よりも大きい場合のみです。[前回のアクセスからの最小期間] を 0 日間と指定すると、前回のアクセスからの期間とは無関係にファイルがリリースされます。

注記

リリースするファイルを含めたり除外したりするためのワイルドカードの使用はサポートされていません。

リリースデータリポジトリタスクは、リンクされた S3 データリポジトリに既にエクスポートされているファイルのデータのみをリリースします。自動エクスポート機能、エクスポートデータリポジトリタスク、または HSM コマンドのいずれかを使用してデータを S3 にエクスポートできます。ファイルがデータリポジトリにエクスポートされたことを確認するには、次のコマンドを実行します。states: (0x00000009) exists archived の戻り値はのファイルが正常にエクスポートされたことを示します。

sudo lfs hsm_state path/to/export/file
注記

HSM コマンドは、ルートユーザーとして、または sudo を使用して実行する必要があります。

ファイルデータを定期的にリリースするには、Amazon EventBridge Scheduler を使用して定期的なリリースデータリポジトリタスクをスケジュールできます。詳細については、「Amazon Scheduler ユーザーガイド EventBridge 」の「スケジューラの開始方法」を参照してください。 EventBridge