ファイルシステムのメトリクス - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ファイルシステムのメトリクス

Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムメトリクスは、ファイルシステムメトリクス または詳細なファイルシステムメトリクス のいずれかに分類されます。

  • [File system metrics] (ファイルシステムのメトリクス) は、単一のディメンション FileSystemId を使用する単一のファイルシステムのパフォーマンスとストレージのメトリクスを集約したものです。メトリクスは、ファイルシステムのネットワークパフォーマンスとストレージ容量の使用状況を測定します。

  • [Detailed File System Metrics] (詳細なファイルシステムメトリクス) は、ファイルシステムのストレージ容量と各ストレージ階層で使用されているストレージ (SSD ストレージや容量プールストレージなど) を測定します。各メトリクスには、FileSystemIdStorageTier、および DataType ディメンションが含まれます。

Amazon FSx がこれらのメトリクスのデータポイントを に発行するタイミングについては、次の点に注意してください CloudWatch。

  • 使用率メトリクス (名前が Utilization で終わる NetworkThroughputUtilization などのメトリクス) の場合、アクティブなファイルサーバーまたはアグリゲートごとに各期間で 1 つのデータポイントが出力されます。たとえば Amazon FSx では FileServerDiskIopsUtilization の場合、アクティブなファイルサーバーごとに 1 分間隔、DiskIopsUtilization の場合アグリゲートごとに 1 分間隔でメトリクスが出力されます。

  • その他のすべてのメトリクスの場合、アクティブなファイルサーバー (ファイルサーバーメトリクスの DataReadBytes など)、またはアグリゲート (ストレージメトリクスの DiskReadBytes など) のすべてにおけるメトリクスの合計値に対応する、各期間で 1 つのデータポイントが出力されます。

ネットワーク I/O メトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemId という 1 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
NetworkThroughputUtilization

ファイルシステムのネットワークスループット使用率 (%)。

Average 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのネットワークスループットの平均使用率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのネットワークスループットの最小使用率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのネットワークスループットの最大使用率です。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

NetworkSentBytes

ファイルシステムから送信されたバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムから送信されたバイト数の合計です。

統計の送信スループット (バイト/秒) を算出するには、統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

NetworkReceivedBytes

ファイルシステムが受信したバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムが受信したバイト数の合計です。

統計の受信スループット (バイト/秒) を算出するには、統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DataReadBytes

クライアントによる読み取りからファイルシステムへのバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間に読み取りオペレーションと関連付けられているバイト数の合計です。指定した期間の平均スループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DataWriteBytes

クライアントによるファイルシステムへの書き込みからのバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間に書き込みオペレーションと関連付けられているバイト数の合計です。指定した期間の平均スループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DataReadOperations

クライアントによる読み取りからファイルシステムへの読み取り操作 (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間に発生した I/O オペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均読み取りオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

DataWriteOperations

クライアントによるファイルシステムへの書き込みからの書き込みオペレーション (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間に発生した I/O オペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均書き込みオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

MetadataOperations

クライアントによるファイルシステムへのメタデータオペレーション (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間に発生した I/O オペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均メタデータオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

DataReadOperationTime

ファイルシステム内のデータにアクセスするクライアントからの読み取りオペレーション (ネットワーク I/O) を実行するためにファイルシステム内で費やされた合計時間。

Sum 統計は、指定した期間に読み取りオペレーションに費やされた合計秒数です。ある期間の平均読み取りレイテンシーを計算するには、Sum 統計を同じ期間の DataReadOperations メトリクスの Sum で割ります。

単位: 秒

有効な統計: Sum

DataWriteOperationTime

ファイルシステム内のデータにアクセスするクライアントからの書き込みオペレーション (ネットワーク I/O) を実行するためにファイルシステム内で費やされた合計時間。

Sum 統計は、指定した期間に書き込みオペレーションに費やされた合計秒数です。ある期間の平均書き込みレイテンシーを計算するには、Sum 統計を同じ期間の DataWriteOperations メトリクスの Sum で割ります。

単位: 秒

有効な統計: Sum

CapacityPoolReadBytes

ファイルシステムの容量プール階層から読み取られた (ネットワーク I/O) バイト数。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムの容量プール階層から読み取られたバイト数の合計です。1 秒あたりの容量プールのバイト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

CapacityPoolReadOperations

ファイルシステムの容量プール階層における読み取りオペレーション (ネットワーク I/O) の数。この数は、容量プールの読み取りリクエストに変換されます。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの容量プール階層における読み取りオペレーションの合計数です。1 秒あたりの容量プールのリクエスト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

CapacityPoolWriteBytes

ファイルシステムの容量プール階層に書き込まれた (ネットワーク I/O) バイト数。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムの容量プール階層に書き込まれたバイト数の合計です。1 秒あたりの容量プールのバイト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

CapacityPoolWriteOperations

容量プール階層からファイルシステムへの書き込みオペレーション (ネットワーク I/O) の数。この数は、書き込みリクエストに変換されます。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの容量プール階層への書き込みオペレーションの合計数です。1 秒あたりの容量プールのリクエスト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

ファイルサーバーのメトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemId という 1 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
CPUUtilization

ファイルシステムの CPU リソースの使用率 (%)。

Average 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの平均 CPU 使用率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの最小 CPU 使用率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの最大 CPU 使用率です。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FileServerDiskThroughputUtilization

ファイルサーバーとプライマリ階層間のディスクスループットを、スループットキャパシティによって決定されるプロビジョニング制限に対する割合 (%) で表したものです。

Average 統計は、指定した期間におけるファイルサーバーのディスクスループットの平均使用率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルサーバーのディスクスループットの最小使用率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルサーバーのディスクスループットの最大使用率です。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FileServerDiskThroughputBalance

ファイルサーバーとプライマリ階層間のディスクスループットに使用できるバーストクレジットの割合 (%)。これは、512 MBps 以下のスループットキャパシティでプロビジョニングされたファイルシステムに対して有効です。

Average 統計は、指定した期間に利用可能な平均バーストバランスです。

Minimum 統計は、指定した期間に利用可能な最小バーストバランスです。

Maximum 統計は、指定した期間に利用可能な最大バーストバランスです。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FileServerDiskIopsBalance

ファイルサーバーとプライマリ階層間のディスク IOPS に使用できるバーストクレジットの割合 (%)。これは、512 MBps 以下のスループットキャパシティでプロビジョニングされたファイルシステムに対して有効です。

Average 統計は、指定した期間に利用可能な平均バーストバランスです。

Minimum 統計は、指定した期間に利用可能な最小バーストバランスです。

Maximum 統計は、指定した期間に利用可能な最大バーストバランスです。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FileServerDiskIopsUtilization

ファイルサーバーの使用可能なディスク IOPS 容量の IOPS 使用率。

Average 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の平均使用率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の最小使用率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の最大使用率です。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FileServerCacheHitRatio

ファイルシステムの RAM と NVMe キャッシュ内のデータによって処理されたすべての読み取りリクエストの割合。パーセンテージが高いほど、ファイルシステムのリードキャッシュによって多くの読み取りが処理されることを意味します。

単位: パーセント

Average 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの平均キャッシュヒット率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの最小キャッシュヒット率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムの最大キャッシュヒット率です。

有効な統計: AverageMinimumMaximum

ディスク I/O メトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemId という 1 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
DiskReadBytes

ディスクからファイルシステムのプライマリ階層に読み込まれるバイト数 (ディスク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムから読み取られたバイト数の合計です。

統計のディスク読み取りスループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DiskWriteBytes

ディスクからファイルシステムのプライマリ階層に書き込まれたバイト数 (ディスク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間にファイルシステムから書き込まれたバイト数の合計です。

統計のディスク書き込みスループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DiskIopsUtilization

ファイルサーバーとストレージボリューム間のディスク IOPS を、プライマリ階層のプロビジョニングされたディスク IOPS 制限に対する割合 (%) で表したものです。

Average 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の平均使用率です。

Minimum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の最小使用率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるファイルシステムのディスク IOPS の最大使用率です。

単位: パーセント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

DiskReadOperations

ファイルシステムのプライマリ階層における読み取りオペレーション (ディスク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間におけるプライマリ階層の読み取りオペレーションの合計数です。

単位: カウント

有効な統計: Sum

DiskWriteOperations

ファイルシステムのプライマリ階層に対する書き込みオペレーション (ディスク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間におけるプライマリ階層への書き込みオペレーションの合計数です。

単位: カウント

有効な統計: Sum

ストレージ容量のメトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemId という 1 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
StorageEfficiencySavings

ストレージ効率化機能 (圧縮、重複排除、空き領域の活用) によって節約されたバイト数。

Average 統計は、指定した期間におけるストレージ効率の平均節約率です。1 分間に保存された全データに対するストレージ効率の節約を算出するには、StorageUsedSum 統計を使用して、StorageEfficiencySavingsStorageEfficiencySavingsStorageUsed ファイルシステムメトリクスの合計で割ります。

Minimum 統計は、指定した期間におけるストレージ効率の最小節約率です。

Maximum 統計は、指定した期間におけるストレージ効率の最大節約率です。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

StorageUsed

プライマリ (SSD) 層と容量プール層の両方で、ファイルシステムに保存されている物理データの合計量。このメトリクスには、データ圧縮や重複排除などのストレージ効率機能による節約が含まれます。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

LogicalDataStored

SSD 層とキャパシティプール層の両方を考慮した、ファイルシステムに保存されている論理データの合計量。このメトリクスには、スナップショットと の合計論理サイズが含まれますが FlexClones、圧縮、圧縮、重複排除によって達成されるストレージ効率の節約は含まれません。

ストレージ効率の節約をバイト単位でコンピューティングするには、特定の期間の StorageUsedAverage を取得し、同じ期間の LogicalDataStoredAverage から減算します。

合計論理的なデータサイズのパーセンテージとしてストレージ効率の節約をコンピューティングするには、特定の期間の StorageUsedAverage を取得し、同じ期間の LogicalDataStoredAverage から減算します。次に、同じ期間の LogicalDataStoredAverage で差を割ります。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

詳細なファイルシステムメトリクス

詳細なファイルシステムメトリクスは、各ストレージ層の詳細なストレージ使用率メトリクスです。詳細なファイルシステムメトリクスはすべて、FileSystemIdStorageTier、および DataType のディメンションを持っています。

  • StorageTier ディメンションは、メトリクスが測定するストレージ階層を示し、SSDStandardCapacityPool の可能な値を示します。

  • DataType ディメンションは、メトリクスが測定するデータのタイプを、可能な値 All で示します。

特定のメトリクスとディメンションのキーバリューのペアの一意の組み合わせごとに行があり、その組み合わせが何を測定するかが説明されています。

メトリクス 説明
StorageCapacityUtilization

ファイルシステムのアグリゲートごとのストレージ容量の使用率。ファイルシステムのアグリゲートごと、1 分間で 1 つのメトリクスが出力されます。

Average 統計は、指定した期間でのファイルシステムのパフォーマンス階層におけるストレージ容量の平均使用量です。

Minimum 統計は、指定した期間でのファイルシステムのパフォーマンス階層におけるストレージ容量の最小使用量です。

Maximum 統計は、指定した期間でのファイルシステムのパフォーマンス階層におけるストレージ容量の最大使用量です。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

StorageCapacity

プライマリ (SSD) 層の合計ストレージ容量。

単位: バイト

有効な統計: Maximum

StorageUsed

ストレージ層に固有の、使用済みの物理ストレージ容量 (バイト単位) 。この値には、データ圧縮や重複排除などのストレージ効率機能による節約が含まれます。StorageTier の有効なディメンション値は SSDStandardCapacityPool で、このメトリクスが測定するストレージ階層に対応します。このメトリクスには、値 AllDataType ディメンションも必要です。

AverageMinimum、および Maximum 統計は、特定の期間における層ごとのストレージ消費量 (バイト単位) です。

プライマリ (SSD) ストレージ階層のストレージ容量使用率を算出するには、StorageTier ディメンションを SSD と等しくして、統計のいずれかを同じ期間の Maximum StorageCapacity で割ります。

プライマリ (SSD) ストレージ層の空きストレージ容量をバイト単位で計算するには、同じ期間の Maximum StorageCapacity から統計のいずれかを除外し、ディメンション StorageTierSSD に等しくします。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum