ボリュームメトリクス - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボリュームメトリクス

Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムには、データを保存する 1 つ以上のボリュームを含めることができます。ボリュームにはそれぞれ、[Volume metrics] (ボリュームメトリクス) または 詳細ボリュームメトリクス のいずれかに分類される一連のメトリクスがあります。

  • [Volume metrics] (ボリュームメトリクス) は、ボリュームごとのパフォーマンスとストレージのメトリクスであり、FileSystemIdVolumeId の 2 つのディメンションを取ります。FileSystemId は、ボリュームが属するファイルシステムにマッピングされます。

  • 詳細なボリュームメトリクスは、StorageTierディメンション ( SSDおよび の値が可能StandardCapacityPool) を持つ階層ごと、およびDataTypeディメンション ( User、、 の値が可能) を持つデータ型ごとにストレージ消費量を測定する per-storage-tier メトリクスSnapshotですOther。メトリクスには、FileSystemIdVolumeIdStorageTier、および DataType のディメンションがあります。

ネットワーク I/O メトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemIdVolumeId の 2 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
DataReadBytes

クライアントがボリュームから読み取ったバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間に読み取りオペレーションと関連付けられているバイト数の合計です。指定した期間の平均スループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DataWriteBytes

クライアントがボリュームに書き込んだバイト数 (ネットワーク I/O)。

Sum 統計は、指定した期間に書き込みオペレーションと関連付けられているバイト数の合計です。指定した期間の平均スループット (バイト/秒) を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

DataReadOperations

クライアントによるボリュームでの読み取りオペレーション (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間の読み取りオペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均読み取りオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

DataWriteOperations

クライアントによるボリュームでの書き込みオペレーション (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間の書き込みオペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均書き込みオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

MetadataOperations

クライアントによるメタデータアクティビティからボリュームへの I/O オペレーション (ネットワーク I/O) の数。

Sum 統計は、指定した期間のメタデータオペレーションの合計数です。指定した期間の 1 秒あたりの平均メタデータオペレーション数を算出するには、Sum 統計をその期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

DataReadOperationTime

ボリューム内のデータにアクセスするクライアントからの読み取りオペレーション (ネットワーク I/O) のためにボリューム内で費やされた合計時間。

Sum 統計は、指定した期間に読み取りオペレーションに費やされた合計秒数です。ある期間の平均読み取りレイテンシーを計算するには、Sum 統計を同じ期間の DataReadOperations メトリクスの Sum で割ります。

単位: 秒

有効な統計: Sum

DataWriteOperationTime

ボリューム内のデータにアクセスするクライアントからの書き込みオペレーション (ネットワーク I/O) を実行するためにボリューム内で費やされた合計時間。

Sum 統計は、指定した期間に書き込みオペレーションに費やされた合計秒数です。ある期間の平均書き込みレイテンシーを計算するには、Sum 統計を同じ期間の DataWriteOperations メトリクスの Sum で割ります。

単位: 秒

有効な統計: Sum

MetadataOperationTime

ボリューム内のデータにアクセスしているクライアントからのメタデータオペレーション (ネットワーク I/O) を実行するために、ボリューム内で費やされた合計時間。

Sum 統計は、指定した期間に読み取りオペレーションに費やされた合計秒数です。ある期間の平均レイテンシーを計算するには、Sum 統計を同じ期間の MetadataOperationsSum で割ます。

単位: 秒

有効な統計: Sum

CapacityPoolReadBytes

ボリュームの容量プール階層から読み取られた (ネットワーク I/O) バイト数。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間にボリュームの容量プール階層から読み取られたバイト数の合計です。1 秒あたりの容量プールのバイト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

CapacityPoolReadOperations

ボリュームの容量プール階層における読み取りオペレーション (ネットワーク I/O) の数。この数は、容量プールの読み取りリクエストに変換されます。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間にボリュームの容量プール階層から行われた読み取りオペレーションの数です。1 秒あたりの容量プールのリクエスト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

CapacityPoolWriteBytes

ボリュームの容量プール階層に書き込まれたバイト数 (ネットワーク I/O)。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間にボリュームの容量プール階層に書き込まれたバイト数の合計です。1 秒あたりの容量プールのバイト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: バイト

有効な統計: Sum

CapacityPoolWriteOperations

容量プール階層からボリュームへの書き込みオペレーションの数 (ネットワーク I/O)。この数は、書き込みリクエストに変換されます。

データの整合性を確保するため、ONTAP は書き込みオペレーションを実行した直後に容量プールで読み取りオペレーションを実行します。

Sum 統計は、指定した期間におけるボリュームの容量プール階層に対する書き込みオペレーションの合計数です。1 秒あたりの容量プールのリクエスト数を算出するには、Sum 統計を指定した期間の秒数で割ります。

単位: カウント

有効な統計: Sum

ストレージ容量のメトリクス

メトリクスはすべて、FileSystemIdVolumeId の 2 つのディメンションを取ります。

メトリクス 説明
StorageCapacity

ボリュームのサイズ (バイト単位)。

単位: バイト

有効な統計: Maximum

StorageUsed

ボリュームの使用済み論理ストレージキャパシティ。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

StorageCapacityUtilization

ボリュームのストレージ容量の使用率。

単位: パーセント

有効な統計: Average

FilesUsed

ボリューム上で使用されているファイル (ファイルまたは inode の数)。

単位: カウント

有効な統計: AverageMinimumMaximum

FilesCapacity

ボリューム上に作成できる inode の総数。

単位: カウント

有効な統計: Maximum

詳細なボリュームメトリクス

詳細なボリュームメトリクスは、ボリュームメトリクスよりも多くのディメンションを取り、データのより詳細な測定を可能にします。すべての詳細なボリュームメトリクスには、FileSystemIdVolumeIdStorageTier、および DataType のディメンションがあります。

  • StorageTier ディメンションは、メトリクスが測定するストレージ階層を示し、AllSSD、および StandardCapacityPool の値を持つ可能性があります。

  • DataType ディメンションは、メトリクスが測定するデータのタイプを示し、AllUserSnapshot、および Other の可能な値を示します。

次の表は、リスト化されたディメンションに関して StorageUsed メトリクスが測定するものを示しています。

メトリクス 説明
StorageUsed

使用されている論理スペースの量 (バイト単位)。このメトリクスは、このメトリクスと共に使用されたディメンションに応じて、さまざまなタイプのスペースの使用量を測定します。StorageTier を SSD または StandardCapacityPool に設定し、DataType を All に設定すると、このメトリクスは、このボリュームの、SSD 階層と容量プール階層それぞれの論理スペースの使用量を測定します。DataType ディメンションを UserSnapshotOther のいずれかに設定し、StorageTier を All に設定すると、このメトリクスは各データタイプにおける論理スペース使用量を測定します。Snapshot データ使用量にはスナップショットリザーブが含まれます。これは、デフォルトではボリュームサイズの 5% です。

単位: バイト

有効な統計: AverageMinimumMaximum

StorageCapacityUtilization

ボリュームの使用済み物理ディスク容量の割合。

単位: パーセント

有効な統計: Maximum