SSD IOPS の管理 - Amazon FSx for Windows File Server

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SSD IOPS の管理

SSD ストレージボリュームでは、ストレージ容量とは別に IOPS を選択してスケーリングできます。プロビジョニングできる最大 SSD IOPS は、ファイルシステムに選択したストレージ容量とスループットキャパシティによって異なります。SSD IOPS をスループットキャパシティでサポートされる制限を超えて増やそうとすると、要求した SSD IOPS レベルをサポートするためにスループットキャパシティを増やす必要が生じる場合があります。詳細については、「FSx for Windows File Server のパフォーマンススループット容量の管理」を参照してください。

SSD IOPS を更新する際に知っておくべき重要なポイント

SSD IOPS を更新する際に考慮すべき重要な項目は次のとおりです。

  • ファイルシステムのプロビジョニング SSD IOPS の量を指定するには、次の 2 つの IOPS モードのいずれかを選択する必要があります。

    • 自動 — Amazon FSx は SSD IOPS を自動的にスケーリングして、ストレージ容量の GiB あたり 3 SSD IOPS、ファイルシステムあたり最大 400,000 SSD IOPS を維持します。

    • ユーザープロビジョニング – SSD IOPS の数は 96~400,000 の範囲内で指定します。Amazon FSx が利用できるすべての AWS リージョン でストレージ容量として 1 GiB あたり 3~50 IOPS、または米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール) ではストレージ容量として 1 GiB あたり 3~500 IOPS の数値を指定します。SSD IOPS の量が 1 GiB あたり 3 IOPS 以上でない場合、リクエストは失敗します。プロビジョニングされた SSD IOPS のレベルが高い場合は、ファイルシステムごとに GiB あたり 3 IOPS を超える平均 IOPS に対して料金が発生します。

  • ストレージ容量の更新 – ストレージ容量を増やし、新しい容量がユーザーがプロビジョニングした SSD IOPS レベルよりも高い SSD IOPS を必要とする場合、Amazon FSx は自動的にファイルシステムを自動モードに切り替えます。

  • スループットキャパシティの更新 – スループットキャパシティを増やし、新しいスループット容量でサポートされる最大 SSD IOPS がユーザープロビジョニングの SSD IOPS レベルよりも高い場合、Amazon FSx は自動的にファイルシステムを自動モードに切り替えます。

  • 増加の時間間隔 – 最後に増加がリクエストされてから 6 時間後まで、またはストレージの最適化プロセスが完了するまでのどちらか長い期間は、SSD IOPS の増加も、スループットキャパシティの増加も、ファイルシステム上のストレージタイプの更新も、さらに行うことはできません。ストレージの最適化には数時間から数日かかります。ストレージの最適化が完了するまでの時間を最小限に抑えるために、ファイルシステムのトラフィックが最小限のときに SSD IOPS をスケーリングすることをお勧めします。

注記

4,608 MBps 以上のスループットキャパシティレベルは、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール) の AWS リージョン でのみサポートされることに注意してください。

SSD IOPS の更新方法

Amazon FSx コンソール、AWS CLI、または Amazon FSx API を使用して、ファイルシステムの SSD IOPS を更新できます。

  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. [ファイルシステム] に移動して、SSD IOPS を更新する Windows ファイルシステムを選択します。

  3. [アクション] で、[SSD IOPS の更新] を選択します。または、[サマリー] パネルで、[プロビジョニングされた SSD IOPS] の横にある [更新] ボタンを選択します。[IOPS プロビジョニングを更新] ウィンドウが開きます。

    
                                [プロビジョニングされた SSD IOPS の更新] パネルのコンソールのスクリーンショット。
  4. [モード] で、[自動] または [ユーザープロビジョニング] を選択します。[自動] を選択した場合、Amazon FSx はファイルシステムのストレージ容量 1 GiB あたり 3 つの SSD IOPS を自動的にプロビジョニングします。ユーザープロビジョニング を選択した場合は、96~400,000 の範囲の任意の整数を入力します。

  5. [更新] を選択して、プロビジョニングされた SSD IOPS の更新を開始します。

  6. 更新の進捗状況は、[Updates] (更新) タブの [File systems] (ファイルシステム) 詳細ページでモニタリングできます。

FSx for Windows File Server ファイルシステムの SSD IOPS を更新するには、--windows-configuration DiskIopsConfiguration プロパティを使用します。このプロパティには、IopsMode の 2 つのパラメータがあります。

  • SSD IOPS の数を指定する場合は、 を使用します。サポートされているAWSリージョンおよび ではIops=number_of_IOPS最大 400,000 ですMode=USER_PROVISIONED

  • Amazon FSx で SSD IOPS を自動的に増加させたい場合は、Mode=AUTOMATIC を使用し、Iops パラメータは使用しないでください。Amazon FSx は、ファイルシステムのストレージ容量の GiB あたり 3 つの SSD IOPS を自動的に維持し、サポートされているAWSリージョンでは最大 400,000 まで維持します。

AWS CLI コマンド を使用して、更新の進行状況をモニタリングできますdescribe-file-systems。出力で administrative-actions を探します。

詳細については、「」を参照してくださいAdministrativeAction

プロビジョニングされた SSD IOPS 更新のモニタリング

Amazon FSx コンソール、API、または AWS CLI を使用し、プロビジョニングされた SSD IOPS 更新の進行状況をモニタリングできます。

コンソールで更新をモニタリングする

ファイルシステムの詳細 ウィンドウの [Updates] (更新) タブでは、更新の種類ごとに最新の更新プログラムを 10 個表示できます。


                    最近の更新リストを表示するコンソールのスクリーンショット。

プロビジョニングされた SSD IOPS の更新については、次の情報を表示できます。

[Update type] (更新タイプ)

可能な値は、[IOPS モード] および [SSD IOPS] です。

[Target value] (ターゲット値)

ファイルシステムの IOPS モードと SSD IOPS へ更新するのに必要な値です。

[Status] (ステータス)

更新の現在のステータス。SSD IOPS 更新の場合、可能な値は以下の通りです。

  • [Pending] (保留中) - Amazon FSx は更新リクエストを受信しましたが、処理を開始していません。

  • [In progress] (進行中) - Amazon FSx が更新リクエストを処理しています。

  • 最適化の更新 – 新しい IOPS レベルをワークロードの書き込み操作に使用できます。更新は、最適化の更新 状態に入り、通常数時間続き、その間、ワークロードの読み取りオペレーションは、以前のレベルと新しいレベル間の IOPS パフォーマンスになります。更新処理が完了すると、新しい IOPS レベルは読み取りと書き込みの両方に使用できるようになります。

  • [完了] - SSD IOPS の更新が正常に完了しました。

  • [失敗] — SSD IOPS の更新に失敗しました。疑問符 (?) を選択し、ストレージの更新が失敗した理由の詳細を確認します。

進行 %

ストレージ最適化プロセスの進行状況を、完了率として表示します。

リクエスト時間

Amazon FSx が更新アクションリクエストを受信した時刻。

AWS CLI と API を使用した更新のモニタリング

describe-file-systems AWS CLI コマンドと DescribeFileSystems API アクションを使用して、ファイルシステムの SSD IOPS 更新リクエストを表示およびモニタリングできます。AdministrativeActions 配列には、管理アクションタイプごとに最新の更新アクションが 10 件を表示されます。ファイルシステムの SSD IOPS を増やすと、FILE_SYSTEM_UPDATE および IOPS_OPTIMIZATION アクションの 2 つの AdministrativeActions が生成されます。