ストレージクォータ - Amazon FSx for Windows File Server

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ストレージクォータ

ファイルシステム上でユーザーストレージクォータを設定して、ユーザーが消費できるデータストレージの量を制限できます。クォータを設定した後、クォータの状態を追跡して使用状況をモニタリングし、ユーザーがクォータを上回るタイミングを確認できます。

また、クォータに達したユーザーがストレージに書き込むのを停止して、クォータを強制することもできます。クォータを強制すると、クォータを超えるユーザーに「ディスク容量が不十分です」というエラーメッセージが表示されます。

クォータ設定には、次のしきい値を設定できます。

  • 警告 - ユーザーまたはグループがクォータ制限に近づいているかどうかを追跡するなど、追跡関連にのみ使用されます。

  • 制限 - ユーザーまたはグループのストレージクォータ制限。

ファイルシステムにアクセスする新しいユーザーに適用されるデフォルトのクォータと、特定のユーザーまたはグループに適用されるクォータを設定できます。また、各ユーザーまたはグループが消費しているストレージの量、およびクォータを超えているかどうかについてのレポートを表示することもできます。

ユーザーレベルでのストレージ消費は、ファイルの所有権に基づいて追跡されます。ストレージ消費量は、ファイルが占める実際の物理ストレージ領域ではなく、論理的なファイルサイズを使用して計算されます。ユーザーストレージクォータは、データがファイルに書き込まれる時点で追跡されます。

複数のユーザーのクォータを更新するには、各ユーザーに対して更新コマンドを 1 回実行するか、ユーザーをグループに編成してそのグループのクォータを更新する必要があります。

ユーザーストレージクォータの管理

でのリモート管理に Amazon FSx CLI を使用して、ファイルシステムのユーザーストレージクォータを管理できます PowerShell。この CLI を使用する方法については、「でのリモート管理のための Amazon FSx CLI の開始方法 PowerShell」を参照してください。

ユーザーストレージクォータを管理するために使用できるコマンドは次のとおりです。

ユーザーストレージクォータコマンド 説明

Enable-FSxUserQuotas

ユーザーストレージクォータの追跡または強制、またはその両方を開始します。

Disable-FSxUserQuotas

ユーザーストレージクォータの追跡と強制を停止します。

Get-FSxUserQuotaSettings

ファイルシステムの現在のユーザーストレージクォータ設定を取得します。

Get-FSxUserQuotaEntries

ファイルシステム上の個々のユーザーおよびグループの現在のユーザーストレージクォータエントリを取得します。

Set-FSxUserQuotas

個々のユーザーまたはグループのユーザーストレージクォータを設定します。クォータ値はバイト単位で指定します。

各コマンドのオンラインヘルプには、すべてのコマンドオプションのリファレンスが記載されています。このヘルプにアクセスするには、-? (例えば、Enable-FSxUserQuotas -?) コマンドを実行します。