パフォーマンスの警告と推奨事項 - Amazon FSx for Windows File Server

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パフォーマンスの警告と推奨事項

FSx for Windows では、少なくとも 32 MBps のスループットキャパシティで設定されたファイルシステムに対して、パフォーマンスの警告が表示されます。Amazon FSx は、これらの CloudWatch メトリクスの 1 つが複数の連続するデータポイントの事前定義されたしきい値に近づいたり超えたりすると、一連のメトリクスの警告を表示します。これらの警告により、ファイルシステムのパフォーマンスを最適化するために使用できる実用的な推奨事項が示されます。

警告は、[Monitoring & performance] (モニタリングとパフォーマンス) ダッシュボードのいくつかのエリアからアクセスできます。アクティブまたは最近の Amazon FSx パフォーマンス警告、および ALARM 状態にあるファイルシステムに設定された CloudWatch アラームはすべて、概要セクションのモニタリングとパフォーマンスパネルに表示されます。この警告は、メトリクスグラフが表示されているダッシュボードのセクションにも表示されます。

Amazon FSx メトリクスの CloudWatch アラームを作成できます。詳細については、「Amazon FSx をモニタリングする CloudWatch アラームの作成」を参照してください。

パフォーマンスの警告を使用してファイルシステムのパフォーマンスを向上させる

Amazon FSx は、ファイルシステムのパフォーマンスを最適化するために使用できる実用的な推奨事項を提供します。これらの推奨事項では、潜在的なパフォーマンスのボトルネックに対処する方法が説明されています。アクティビティが今後も続くと予想される場合、またはそのアクティビティがファイルシステムのパフォーマンスに影響を及ぼしている場合は、推奨されるアクションを実行します。警告をトリガーしたメトリクスに応じて、次の表に示すように、ファイルシステムのスループットキャパシティまたはストレージ容量のいずれかを増やすことで解決できます。

このメトリクスに対応する警告が存在する場合 この操作を行います
ネットワークスループット – 使用率 スループットキャパシティを増やす
ファイルサーバー > ディスク IOPS – 使用率
ファイルサーバー > ディスクスループット – 使用率
ファイルサーバー > ディスク IOPS – バーストバランス
ファイルサーバー > ディスクスループット – バーストバランス
ストレージ容量の使用率 ストレージ容量を増やす
ストレージボリューム > ディスクスループット – 使用率 (HDD) ストレージ容量を増やす または SDD ストレージタイプに切り替え
ストレージボリューム > ディスクスループット – バーストバランス (HDD)
ストレージボリューム > ディスク IOPS – 使用率 (SSD) SSD IOPS を増やす
注記

特定のファイルシステムイベントは、ディスク I/O パフォーマンスリソースを消費し、パフォーマンスの警告をトリガーする可能性があります。例:

  • ストレージ容量のスケーリングの最適化フェーズでは、ストレージ容量の拡張とファイルシステムのパフォーマンス で説明されているように、ディスクスループットが向上する可能性があります。

  • マルチ AZ ファイルシステムでは、スループットキャパシティのスケーリング、ハードウェアの交換、アベイラビリティーゾーンの中断などのイベントにより、自動的にフェイルオーバーとフェイルバックのイベントが発生します。この期間内に発生したデータ変更は、プライマリファイルサーバーとセカンダリファイルサーバー間で同期させる必要があるため、Windows Server はディスク I/O リソースを消費するデータ同期ジョブを実行します。詳しくは、「スループット容量の管理」を参照してください。

ファイルシステムのパフォーマンスに関する詳細については、「FSx for Windows File Server のパフォーマンス」を参照してください。