アマゾン ウェブ サービス
全般的なリファレンス (Version 1.0)

ドキュメントの表記規則

以下に、AWS 技術刊行物に共通の表記規則を示します。

インラインコード (コマンド、オペレーション、パラメータ、定数、XML 要素、論理値、正規表現など)

フォーマット: 等幅フォントのテキスト

例: java -version

サンプルブロック (サンプルコードとスクリプトなど)

フォーマット: 網掛けブロック内の等幅フォントのテキスト

例:

# ls -l /var/www/html/index.html -rw-rw-r-- 1 root root 1872 Jun 21 09:33 /var/www/html/index.html # date Wed Jun 21 09:33:42 EDT 2006
相互に排他的なオプション

フォーマット: 垂直バーで区切られたテキスト

例: (start | stride | edge)

任意指定のパラメータ

フォーマット: 角括弧に囲まれたテキスト

例: [-n, -quiet]

定義

フォーマット: 斜体のテキスト

例: Amazon Machine Image (AMI)

技術の公開

フォーマット: 斜体のテキスト

例: Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド

ユーザーインターフェイス内の要素

フォーマット: 太字のテキスト

例: [ファイル]、[プロパティ] の順に選択します。

ユーザー入力 (ユーザーが入力するテキスト)

フォーマット: 等幅フォントのテキスト

例: 名前には my-new-resource と入力します。

必要な値のプレースホルダーテキスト

フォーマット: 赤の斜体のテキスト

例:

aws ec2 register-image --image-location my-s3-bucket/image.manifest.xml