getResolvedOptions を使用して、パラメータにアクセスする - AWS Glue

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

getResolvedOptions を使用して、パラメータにアクセスする

-AWS接着語getResolvedOptions(args, options)ユーティリティ関数を使用すると、ジョブの実行時にスクリプトに渡される引数にアクセスできます。この関数を使用するには、まずAWS接着語utilsモジュールとsysモジュール:

import sys from awsglue.utils import getResolvedOptions

getResolvedOptions(args, options)

  • args - sys.argv に含まれる引数のリスト。

  • options - 取得したい引数名の Python 配列。

例 JobRun に渡された引数を取得する

スクリプト内、たとえば Lambda 関数内で JobRun を作成したとします。

response = client.start_job_run( JobName = 'my_test_Job', Arguments = { '--day_partition_key': 'partition_0', '--hour_partition_key': 'partition_1', '--day_partition_value': day_partition_value, '--hour_partition_value': hour_partition_value } )

渡された引数を取得するには、次のように、getResolvedOptions 関数を使用できます。

import sys from awsglue.utils import getResolvedOptions args = getResolvedOptions(sys.argv, ['JOB_NAME', 'day_partition_key', 'hour_partition_key', 'day_partition_value', 'hour_partition_value']) print "The day-partition key is: ", args['day_partition_key'] print "and the day-partition value is: ", args['day_partition_value']

各引数は 2 つのハイフンで始まり、ハイフンなしでスクリプト内で参照されるように定義されていることに注意してください。引数は、ハイフンではなく、アンダースコアのみを使用します。引数の解決のために、この規則に従う必要があります。