スピゴットクラス - AWS Glue

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

スピゴットクラス

変換中に指定した場所にサンプルレコードを書き込みます。

Methods

__call__(frame, path, options, transformation_ctx = "")

変換中に指定した場所にサンプルレコードを書き込みます。

  • frame – スピゴットする DynamicFrame (必須)。

  • path – 書き込み先へのパス (必須)。

  • options – オプションを指定する JSON のキーと値のペア (オプション)。"topk" オプションは、最初の k レコードを書き込むことを指定します。"prob" オプションは、書き込むレコードを選択するために使用される、指定されたレコードを選択する可能性を (小数として) 指定します。

  • transformation_ctx – 状態情報を識別するために使用される一意の文字列 (オプション)。

追加の書き込みステップで、入力 DynamicFrame を返します。

apply(cls, *args, **kwargs)

GlueTransform 適用 から継承されました。

name(cls)

GlueTransform name から継承されました。

describeArgs(cls)

GlueTransform describeArgs から継承されました。

describeReturn(cls)

GlueTransform describeReturn から継承されました。

describeTransform(cls)

GlueTransform describeTransform から継承されました。

describeErrors(cls)

GlueTransform describeErrors から継承されました。

describe(cls)

GlueTransform 説明 から継承されました。