でのブループリントからのワークフローの作成AWS接着語 - AWS Glue

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でのブループリントからのワークフローの作成AWS接着語

-AWSGlue 設計図の機能は、のプレビューリリースですAWSGlue は変更される可能性があります。

作成することができますAWSワークフローを手動でGlue するか、コンポーネントを 1 つずつ追加するか、AWSGlue 設計図。AWSGlue には、一般的なユースケースの設計図が含まれています。お客様のAWSGlue 開発者は、追加の設計図を作成できます。

ブループリントを使用すると、ブループリントによって定義された一般化されたユースケースに基づいて、特定のユースケースのワークフローをすばやく生成できます。ブループリントパラメータの値を指定して、特定のユースケースを定義します。たとえば、データセットをパーティション化するブループリントは、パラメータとして Amazon S3 のソースパスとターゲットのパスを持つことができます。

AWSGlue は、ブループリントからワークフローを実行中設計図。ブループリントの実行では、指定したパラメータ値が保存され、ワークフローとそのコンポーネントの作成の進行状況と結果を追跡するために使用されます。ワークフローのトラブルシューティング時に、ブループリントの実行を表示して、ワークフローの作成に使用されたブループリントパラメータ値を決定できます。

ワークフローを作成および表示するには、特定の IAM アクセス権限が必要です。推奨される IAM ポリシーについては、「」ブループリントのデータアナリスト権限

ブループリントからワークフローを作成するには、AWSGlue コンソール,AWSGlue API、またはAWS Command Line Interface(AWS CLI).

ブループリントからワークフローを作成するには (コンソール)

  1. を開くAWSGlue コンソールhttps://console.aws.amazon.com/glue/

    ワークフローを作成するアクセス許可としてを持つユーザーとしてサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[] を選択します。設計図

  3. ブループリントを選択し、アクションメニューで、[]ワークフローの作成

  4. リポジトリの []ワークフローの作成 <blueprint-name>ページで、以下の情報を入力します。

    設計図パラメータ

    これらは、設計図の設計によって異なります。これらのパラメータに関する質問は、開発者にお問い合わせください。ブループリントには、通常、ワークフロー名のパラメーターが含まれます。

    IAM ロール

    ロールAWSGlue は、ワークフローとそのコンポーネントを作成することを前提としています。ロールは、ワークフロー、ジョブ、クローラ、トリガーを作成および削除するためのアクセス許可が必要です。ロールの推奨ポリシーについては、ブループリントロールのアクセス許可

  5. [Submit] (送信) をクリックします。

    -設計図の詳細ページが表示され、下部にブループリントの実行リストが表示されます。

  6. ブループリントの実行リストで、最上位のブループリントの実行でワークフロー作成ステータスを確認します。

    初期ステータスは、RUNNING です。ステータスがSUCCEEDEDまたはFAILED

  7. 以下のいずれかを行ってください。

    • 完了ステータスがSUCCEEDED[] で、ワークフローページで、新しく作成したワークフローを選択して実行します。ワークフローを実行する前に、設計グラフを確認することができます。

    • 完了ステータスがFAILED[] で設計図の実行を選択し、[]アクションメニューで、[]表示エラーメッセージを表示します。