データへの接続 - AWS Glue

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データへの接続

AWS Glue 接続は、特定のデータストアのログイン認証情報、URI 文字列、仮想プライベートクラウド (VPC) 情報などを保存するデータカタログオブジェクトです。AWS Glue クローラー、ジョブ、および開発エンドポイントは、特定のタイプのデータストアにアクセスするために接続を使用します。ソースとターゲットの両方に接続を使用したり、複数のクローラーまたは抽出、変換、ロード (ETL) ジョブで同じ接続を再利用したりできます。

AWS Glue では次の接続タイプをサポートしています。

  • Amazon DocumentDB

  • Amazon OpenSearch Service (AWS Glue for Spark で使用)。

  • Amazon Redshift

  • Kafka

  • Azure Cosmos (AWS Glue ETL ジョブで Azure Cosmos DB for NoSQL を使用する場合)

  • Azure SQL (AWS Glue for Spark で使用)。

  • Google BigQuery (AWS Glue for Spark で使用)。

  • JDBC

  • MongoDB

  • MongoDB Atlas

  • SAP HANA (AWS Glue for Spark で使用)。

  • Snowflake (AWS Glue for Spark で使用)。

  • Teradata Vantage (AWS Glue for Spark を使用する場合)。

  • Vertica (AWS Glue for Spark で使用)。

  • さまざまな Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) オファリング。

  • Network (Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のデータソースへの接続を指定します)

  • Aurora (ネイティブ JDBC ドライバーを使用している場合はサポートされます。すべてのドライバー機能を利用できるわけではありません)

AWS Glue Studio を使用して、コネクタの接続を作成することもできます。コネクタとは AWS Glue Studio 内でデータストアに対するアクセスを支援するための、オプションのコードパッケージです。詳細については、「Using connectors and connections with AWS Glue Studio」を参照してください。

オンプレミスのデータベースに接続する方法の詳細については、AWS ビッグデータブログ記事「AWS Glue を使用することによってオンプレミスデータストアにアクセスして分析する方法」を参照してください。