AWS Glue
開発者ガイド

AWS Glue の AWS タグ

AWS Glue リソースを管理しやすくするために、オプションでいくつかの AWS Glue リソースタイプに独自のタグを割り当てることができます。タグとは、AWS リソースに付けるラベルです。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。AWS Glue のタグを使用して、自分のリソースを整理し識別することができます。タグを使用してコスト計算レポートを作成し、リソースへのアクセスを制限することができます。AWS Identity and Access Management を使用している場合は、AWS アカウントのどのユーザーがタグを作成、編集、または削除するアクセス許可を持つかを制御できます。詳細については、「タグを使用したアイデンティティベースのポリシー (IAM ポリシー)」を参照してください。

AWS Glue では、以下のリソースにタグを付けることができます。

  • クローラ

  • ジョブ

  • トリガー

  • 開発エンドポイント

注記

ベストプラクティスとして、これらの AWS Glue リソースのタグ付けを可能にするには、常にポリシーに glue:TagResource アクションを含めます。

AWS Glue でタグを使用するときは、以下について検討します。

  • エンティティ 1 つにつき、最大 50 までのタグがサポートされています。

  • オブジェクトにタグを作成するときは、TagKey が必須で、TagValue はオプションです。

  • TagKeyTagValue は大文字と小文字が区別されます。

  • TagKeyTagValue には、プレフィックス aws 含めることはできません。そのようなタグに対するオペレーションは許可されていません。

  • TagKey の最大長は UTF-8 で 128 Unicode 文字です。TagKey を空または null にすることはできません。

  • TagValue の最大長は UTF-8 で 256 Unicode 文字です。TagValue を空または null にすることはできません。

詳細については、「AWS タグ付け戦略」を参照してください。

注記

現時点では、AWS Glue は リソースグループタグ付け API をサポートしていません。

タグを使用してアクセスを制御する方法については、「タグを使用したアイデンティティベースのポリシー (IAM ポリシー)」を参照してください。