AWS IoT Greengrass
開発者ガイド

AWS IoT Greengrass の使用開始

このチュートリアルには 6 つのモジュールがあり、それぞれが AWS IoT Greengrass の基本を示し、できるだけ少ないステップで使用を開始できるように構成されています。このチュートリアルでは、以下について説明します。

  • AWS IoT Greengrass プログラミングモデル。

  • AWS IoT Greengrass コア、グループ、サブスクリプションなどの基本的な概念。

  • エッジで AWS Lambda 関数を実行するためのデプロイプロセス。

要件

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。

  • Mac、Windows PC、または UNIX 互換システム。

  • Amazon Web Services (AWS) アカウント。アカウントをお持ちでない場合は、「AWS 無料アカウント作成方法」を参照してください。

  • AWS IoT Greengrass をサポートする AWS リージョンの使用。AWS IoT Greengrass でサポートされるリージョンのリストについては、AWS General Reference の「AWS のリージョンとエンドポイント」を参照してください。

    重要

    ご利用の AWS リージョンをメモし、このチュートリアルで一貫して使用してください。誤ってチュートリアルの途中でリージョンを切り替えると、問題が発生することがあります。このチュートリアルの最後の演習では、米国東部 (バージニア北部) リージョンを使用しているため、同じリージョンを使用してください。

  • Raspberry Pi 3 Model B+ または Model B と 8 GB microSD カード、または Amazon EC2 インスタンス。AWS IoT Greengrass は物理的なハードウェアで使用するのが最適であるため、Raspberry Pi を使用することをお勧めします。Pi のアーキテクチャは armv7l 以降でなければなりません。

    注記

    Raspberry Pi のモデルを確認するには、次のコマンドを実行します。

    cat /proc/cpuinfo

    リストの下部にある Revision 属性の値をメモし、「Which Pi have I got?」の表を参照してください。たとえば、Revision の値が a02082 である場合、Pi は「3 Model B」であることが表でわかります。

    Raspberry Pi のアーキテクチャを確認するには、次のコマンドを実行します。

    uname -m

    結果は、armv71 以上である必要があります。

  • Python 2.7 の基本的な知識

このチュートリアルでは、Raspberry Pi で AWS IoT Greengrass を実行するステップを示していますが、他のプラットフォームを使用することもできます。詳細については、「サポートされているプラットフォームと要件」を参照してください。

AWS 無料アカウント作成方法

AWS アカウントをお持ちでない場合は、次のステップに従います。

  1. AWS ホームページを開き、[AWS アカウントの作成] を選択します。

    注記

    最近、AWS にサインインした場合は、代わりに [Sign In to the Console (コンソールにサインイン)] が表示される場合があります。

  2. オンラインの手順に従います。サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて PIN を入力することが求められます。

    重要

    先に進む前に、アカウントに管理者権限があることを確認します。

このページの内容: