AWS IoT Greengrass
開発者ガイド

モジュール 3 (パート 1): AWS IoT Greengrass での Lambda 関数

このモジュールでは、Lambda 関数を設定して AWS IoT Greengrass コア デバイスにデプロイする方法を示します。MQTT メッセージング、サブスクリプション、AWS IoT Greengrass のデプロイメント、およびLambda 関数の設定に関する情報が含まれています。

このモジュールのパート 1 では、「Hello World」メッセージを AWS IoT Greengrass クラウドに送信する Lambda 関数を AWS IoT Greengrass コア にデプロイする方法を示します。パート 2 では、AWS IoT Greengrass コア で実行されているオンデマンドと存続期間の長い Lambda 関数の違いについて説明しています。

開始する前に、モジュール 1モジュール 2 を完了したこと、また、実行中の AWS IoT Greengrass コア デバイスがあることを確認します。

モジュール 3 (パート 1) とモジュール 3 (パート 2) の所要時間はそれぞれ約 30 分です。