モジュール5: デバイスのシャドウとの対話 - AWS IoT Greengrass

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

モジュール5: デバイスのシャドウとの対話

このアドバンスドモジュールでは、AWS IoT Greengrass デバイスが AWS IoT Greengrass グループ で AWS IoT Device Shadow とやり取りする方法を示します。シャドウ は、モノの現在または目的の状態に関する情報を保存するための JSON ドキュメントです。このモジュールでは、1 つの AWS IoT Greengrass デバイス (GG_Switch) が別の AWS IoT Greengrass デバイス のステータス (GG_TrafficLight) をどのように変更できるか、またこれらのステータスをどのように AWS IoT Greengrass クラウドに同期できるかを学びます。


                AWS IoT Greengrass コア は、信号デバイスの影とライトスイッチデバイスに接続されています。

開始する前に、Greengrass デバイスのセットアップスクリプトを実行するか、モジュール 1モジュール 2 を完了していることを確認します。また、デバイスを AWS IoT Greengrass コア に接続する方法も理解している必要があります (モジュール 4)。他のコンポーネントやデバイスは必要ありません。

このモジュールは完了までに約 30 分かかります。