モジュール 6 他のAWSサービスへのアクセス - AWS IoT Greengrass

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

モジュール 6 他のAWSサービスへのアクセス

この高度なモジュールでは、AWS IoT Greengrass コアと AWS の他のサービスがクラウド内でどのように連携できるかを示します。これは、モジュール 5 のトラフィックライトの例を基に構築されており、シャドウステータスを処理してサマリーを Amazon DynamoDB テーブルにアップロードする、Lambda 関数を追加します。


                AWS IoTLight Switch Device と Traffic Light Device Shadow に接続された AWS IoT Greengrass コア に接続されている 。信号機の影が Lambda 関数は、 DynamoDB 表。

開始する前に、Greengrass デバイスのセットアップスクリプトを実行するか、モジュール 1モジュール 2 を完了していることを確認します。モジュール 5 も完了しておく必要があります。他のコンポーネントやデバイスは必要ありません。

このモジュールは完了までに約 30 分かかります。

注記

このモジュールは、DynamoDB にテーブルを作成して更新します。このモジュールのオペレーションは小さいものが多く、ほとんどは AWS 無料利用枠 内に収まりますが、一部のステップを実行するとアカウントへの請求が発生する場合があります。料金については、DynamoDB 料金表ドキュメントを参照してください。