リージョンとエンドポイント - Amazon GuardDuty

リージョンとエンドポイント

Amazon GuardDuty が利用可能なリージョンについては、「Amazon Web Services 全般のリファレンス」の「Amazon GuardDuty エンドポイント」を参照してください。

AWS は、サポートされているすべてのリージョンで GuardDuty を有効にすることを強くお勧めします。このように設定することで、GuardDuty はアクティブに使用されていないリージョンでも、許可されていないアクティビティや異常なアクティビティに関する検出結果を生成できます。これにより、GuardDuty は AWS Identity and Access Management (IAM) などのグローバル AWS のサービスの AWS CloudTrail イベントもモニタリングできるようになります。GuardDuty がサポートされているすべてのリージョンで有効になっていない場合、グローバルサービスに関連するアクティビティを検出する機能は低下します。

AWS GovCloud (米国) で GuardDuty をご使用の場合は、違いがあります。詳細については、「AWS GovCloud (US) ユーザーガイド」の「Amazon GuardDuty」を参照してください。