リージョンとエンドポイント - Amazon GuardDuty

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

リージョンとエンドポイント

Amazon GuardDuty が利用可能な を表示するには、 AWS リージョン 「」の「Amazon GuardDuty エンドポイント」を参照してくださいAmazon Web Services 全般のリファレンス

サポートされているすべての GuardDuty で を有効にすることをお勧めします AWS リージョン。これにより、アクティブ GuardDuty に使用されていないリージョンでも、不正または異常なアクティビティに関する検出結果を生成できます。これにより、 GuardDuty はサポートされている の AWS CloudTrail イベントをモニタリングでき AWS リージョン、グローバルサービスを含むアクティビティを検出する機能が低下します。

リージョン固有機能の可用性

GuardDuty 機能の可用性を指定するためのリージョン別相違点のリスト。

ListFindings および GetFindingsStatistics APIs

GetFindingsStatistics および ListFindings APIs には一時consoleOnlyフラグがあります。これらの APIs、 consoleOnlyフラグは、API が最大 1000 件まで結果を取得できることを意味します。

GuardDuty リージョン格差のある の機能
GuardDuty EC2 のマルウェア保護

GuardDuty は、AWS Dedicated Local Zones で EC2 の Malware Protection 機能をサポートしています。

一般的な API サポート

Amazon APIs リファレンスの次の GuardDuty API は、以前に指定した の一部のデータソースまたは機能が使用できないため、リージョンによって異なる場合があります AWS リージョン。

Amazon EC2 検出結果 - DefenseEvasion:EC2/UnusualDoHActivity および DefenseEvasion:EC2/UnusualDoTActivity

次の表は、 GuardDuty が利用可能な AWS リージョン が、これら 2 つの Amazon EC2 検出結果タイプがまだサポートされていない を示しています。

AWS リージョン

リージョンコード

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

アジアパシフィック (大阪)

ap-northeast-3

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AWS GovCloud (US) リージョン

最新情報については、「 ユーザーガイド」の「Amazon GuardDutyAWS GovCloud (US) 」を参照してください。

中国リージョン

最新情報については、「機能の可用性と実装の違い」を参照してください。