Runtime Monitoring GuardDuty の有効化 - Amazon GuardDuty

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Runtime Monitoring GuardDuty の有効化

アカウントで Runtime Monitoring を有効にする前に、ランタイムイベントを監視したいリソースタイプがプラットフォームの要件を満たしていることを確認してください。詳細については、「前提条件」を参照してください。

Runtime Monitoring の開始前に EKS Runtime Monitoring を使用していた場合は、API を使用して EKS Runtime Monitoring の既存の設定を確認して更新できます。既存の設定を EKS Runtime Monitoring から Runtime Monitoring に移行することもできます。詳細については、「EKS Runtime Monitoring から Runtime Monitoring への移行」を参照してください。

注記

現在、このドキュメントでは、アカウントと組織の Runtime Monitoring をコンソールでのみ有効にする手順を説明しています。API アクションまたは AWS CLI の GuardDutyを使用してランタイムモニタリングを有効にすることもできます。

Runtime Monitoring は、以下のトピックの手順を使用して設定できます。