Amazon Inspector Classic の耐障害性 - Amazon Inspector

これは、Amazon Inspector Classic のユーザーガイドです。新しい Amazon Inspector の詳細については、Amazon Inspector ユーザーガイド を参照してください。AAmazon Inspector Classic コンソールにアクセスするには、Amazon Inspector コンソール (https://console.aws.amazon.com/inspector/) を開き、ナビゲーションペインで Amazon Inspector Classic を選択します。

Amazon Inspector Classic の耐障害性

AWS のグローバルインフラストラクチャは AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンを中心に構築されます。AWSリージョンには、低レイテンシー、高いスループット、そして高度の冗長ネットワークで接続されている複数の物理的に独立・隔離されたアベイラビリティーゾーンがあります。アベイラビリティーゾーンでは、ゾーン間で中断することなく自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一または複数のデータセンターインフラストラクチャよりも可用性、耐障害性、および拡張性が優れています。

AWSリージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

Amazon Inspector Classic は可用性が高く、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがるコンピューティングリソースを使用してクエリを実行します。特定のアベイラビリティーゾーンに到達できない場合、クエリは自動的に適切にルーティングされます。

Amazon Inspector Classic は、その基盤となるデータストアとして Amazon S3 を使用しているため、データの可用性と耐久性が向上します。Amazon S3 は重要なデータを保存するための耐久性に優れたインフラストラクチャを提供します。オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を持つよう設計されています。データは複数の施設間で冗長化され、各施設で複数のデバイスに保存されます。