Amazon Inspector Classic でのログ記録とモニタリング - Amazon Inspector

これは、Amazon Inspector Classic のユーザーガイドです。新しい Amazon Inspector の詳細については、Amazon Inspector ユーザーガイド を参照してください。AAmazon Inspector Classic コンソールにアクセスするには、Amazon Inspector コンソール (https://console.aws.amazon.com/inspector/) を開き、ナビゲーションペインで Amazon Inspector Classic を選択します。

Amazon Inspector Classic でのログ記録とモニタリング

Amazon Inspector Classic は、Amazon Inspector Classic 内のユーザー、ロール、または AWS サービスによって実行されたアクションのレコードを提供するサービスである AWS CloudTrail と統合されています。CloudTrail は、Amazon Inspector Classic コンソールからの呼び出しと Amazon Inspector Classic API オペレーションへのコード呼び出しを含む、Amazon Inspector Classic の API コールをイベントとしてキャプチャします。

Amazon Inspector Classic で CloudTrail ロギングを使用する方法については、「AWS CloudTrail での Amazon Inspector Classic API コールのログ記録」を参照してください。

Amazon CloudWatch を使用して Amazon Inspector Classic をモニタリングすることで、raw データを収集し、リアルタイムに近い読み取り可能なメトリクスに加工することができます。デフォルトでは、Amazon Inspector Classic は 5 分ごとにメトリクスデータを CloudWatch に送信します。

CloudWatch を Amazon Inspector Classic で使用する方法については、「Amazon CloudWatch を使用した Amazon Inspector Classic のモニタリング」を参照してください。