AWS IoT 1-Click
開発者ガイド

AWS IoT 1-Click とは

AWS IoT 1-Click 開発者ガイドへようこそ。

AWS IoT 1-Click を使用すると、エンタープライズのお客様がシンプルな IoT デバイスをワークフローに簡単に組み込めるようになります。デバイスを製造したり、ファームウェアを作成したり、セキュアな接続を設定する必要はありません。当社の製造パートナーは、細かい設定なしに AWS IoT に安全に接続できるデバイスを作成します。これらのデバイスは、Java、Python、C# などの言語で作成された AWS Lambda 関数をトリガーできます。Lambda 関数は、独自のビジネスロジックを実装することも、AWS クラウドまたはオンプレミスの他の場所でアクションをトリガーすることもできます。

AWS IoT 1-Click は、デバイスのハードウェアとファームウェアに関する詳細を可能な限り抽象化することにより、顧客のための IoT を簡素化することを目指しています。これにより、AWS クラウドでホストされているソフトウェアコンポーネントとして AWS IoT 1-Click デバイスを表示することができます。これらのデバイスは、他のソフトウェアコンポーネントと同様、明確に定義されたインターフェイスに準拠しています。AWS IoT 1-Click には、デバイスタイプごとに定義された一連のインターフェイスがあります。これを使用してアプリケーションをビルドして、自分のアプリケーションのベースにすることができます。

AWS IoT 1-Click を使用すると、デバイスを、機能、場所、その他の基準でグループ化できます。デバイスの、この論理的なグループ化は、AWS IoT 1-Click では「プロジェクト」と呼ばれます。プロジェクトを使用して、デバイスのグループを、希望のアクションの Lambda 関数に関連付けることができます。

プロジェクトには、使用されるデバイスのタイプ、呼び出される Lambda の機能、ロケーションや機能のコンテキストデータなど、オプションの属性が定義されているテンプレートが含まれています。

プロジェクトを作成してテンプレートを定義したら、プロジェクト内にプレイスメントを追加することができます。それぞれがテンプレートに従ってその特定のプレイスメントの特定の場所または関数に合ったシリアル番号と属性値 (キー/値ペア) によって実際のデバイスを指定します。