AWS IoT 1-Click とは。 - AWS IoT 1-Click

AWS IoT 1-Click とは。

AWS IoT 1-Click を使用すると、エンタープライズのお客様がシンプルな IoT デバイスをワークフローに簡単に組み込めるようになります。デバイスを製造したり、ファームウェアを作成したり、セキュアな接続を設定する必要はありません。当社の製造パートナーは、細かい設定なしに AWS IoT に安全に接続できるデバイスを作成します。これらのデバイスは、Java、Python、C# などの言語で作成された AWS Lambda 関数をトリガーできます。Lambda 関数は、独自のビジネスロジックを実装することも、AWS クラウドまたはオンプレミスでアクションをトリガーすることもできます。

AWS IoT 1-Click は、デバイスのハードウェアとファームウェアに関する詳細を可能な限り抽象化することにより、顧客の IoT を簡素化することを目指しています。これにより、AWS クラウドでホストされているソフトウェアコンポーネントとして AWS IoT 1-Click デバイスを表示することができます。他のソフトウェアコンポーネントと同様に、これらのデバイスは明確に定義されたインターフェイスに準拠しています。AWS IoT 1-Click には、デバイスタイプごとに定義されたインターフェイスがあります。これらのインターフェイスを使用して、アプリケーションを構築し、ベースにすることができます。

AWS IoT 1-Click では、機能、場所、またはその他の基準でデバイスをグループ化できます。デバイスの、この論理的なグループは、AWS IoT 1-Click では「プロジェクト」と呼ばれます。プロジェクトを使用して、デバイスのグループを、希望のアクションの Lambda 関数に関連付けることができます。

プロジェクトには、使用されるデバイスのタイプ、呼び出される Lambda の機能、ロケーションや機能のコンテキストデータなど、オプションの属性が定義されているテンプレートが含まれています。

プロジェクトを作成してテンプレートを定義したら、プロジェクト内にプレイスメントを追加することができます。それぞれがテンプレートに従ってその特定のプレイスメントの特定の場所または関数に合ったシリアル番号と属性値 (キー/値ペア) によって実際のデバイスを指定します。

AWS IoT 1-Click コンポーネント

Claim

AWS IoT 1-Click コンソール、AWS IoT 1-Click モバイルアプリ、AWS IoT 1-Click API を使用して AWS IoT 1-Click デバイスを AWS アカウントに関連付けるプロセスを指します。

請求コード

一度に (つまり、一括で) 多数の AT&T LTE-M ボタンを要求するために使用される値。デバイス ID を使用してデバイスを要求することもできます。デバイス ID のエントリを参照してください。

デバイス

AWS IoT エンタープライズボタン または AT&T LTE-M ボタン などの物理デバイス。

デバイスの属性

キーと値のペアの形式で特定のデバイスに関連付けられたデフォルトデータまたはカスタムデータ。デフォルトの属性はプレイスメントから取得されます。プレイスメントのエントリを参照してください。

デバイス ID

すべてのデバイスには、デバイスシリアルナンバー (DSN) などのデバイス ID があります。デバイス ID は、AWS IoT 1-Click を持つ AWS IoT 1-Click を登録するために使用できます。要求コードはデバイス ID と同じではありません。要求コードのエントリを参照してください。

Placement

デバイスを表す 1 つ以上のテンプレートのグループ (例: 2 つのテンプレート化されたボタンを含むルーム)。プレイスメントに入力するには、AWS IoT 1-Click コンソール または AWS IoT 1-Click モバイルアプリ を使用して、テンプレート化されたデバイスを選択します。

プレイスメント名

多くの場合、地理的位置またはオブジェクト ID (Room 217North DumpsterContainer 314 など) が含まれるプレイスメントの名前。

プロジェクト

ゼロ以上のプレイスメントの名前付きグループ (テンプレート化されたデバイスを含む)。

Project name

プレイスメントのグループのわかりやすい名前 (「会議室の満足度」または「チャーターコンテナピックアップ」など)。

テンプレート

デバイスのグループのデフォルトの動作とデフォルトの属性を提供するために使用されます。物理デバイスは特定のテンプレートを使用してそのテンプレートのプロパティ (Lambda 関数とデフォルトのデバイスの属性) を継承します。テンプレートは、プレイスメント内のデバイスのクラスの動作属性とデフォルト属性を定義します。プロジェクトには複数のテンプレートを使用できます。

要求解除

AWS アカウントから AWS IoT 1-Click デバイスの関連付けを解除するプロセスです。たとえば、AWS IoT 1-Click デバイスを貸したい人は、新しいユーザーがデバイスを自分の AWS アカウントに関連付けることができうように、まずデバイスを AWS アカウントから関連付けを解除します。