アセットおよびモデルの状態 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アセットおよびモデルの状態

アセット、アセットモデル、またはコンポーネントモデルを作成、更新、または削除すると、変更が反映されるまでに時間がかかります。これらのオペレーションは非同期的に AWS IoT SiteWise 解決され、各リソースのステータスが更新されます。各アセット、アセットモデル、コンポーネントモデルには、リソースの状態と、該当する場合はエラーメッセージを含むステータスフィールドがあります。ステータスは以下のいずれかの値になります。

  • ACTIVE – リソースはアクティブです。これは、アセット、アセットモデル、コンポーネントモデルをクエリして操作できる唯一の状態です。

  • CREATING – リソースを作成中です。

  • UPDATING – リソースは更新中です。

  • DELETING – リソースは削除中です。

  • PROPAGATING – (アセットモデルとコンポーネントモデルのみ) 変更は、すべての依存リソース (アセットモデルからアセット、またはコンポーネントモデルからアセットモデル) に反映されます。

  • FAILED – リソースは、作成または更新オペレーション中に検証に失敗しました。これは、式内の循環参照が原因である可能性があります。FAILED 状態にあるリソースを削除できます。

アセット、アセットモデル、またはコンポーネントモデルが、オペレーションの解決ACTIVE時以外の状態で AWS IoT SiteWise 設定されている作成、更新、削除オペレーションの一部。これらのオペレーションのいずれかを実行した後にリソースをクエリまたは操作するには、状態が に変わるまで待つ必要がありますACTIVE。そうしないと、リクエストは失敗します。

アセットのステータスを確認する

AWS IoT SiteWise コンソールまたは API を使用して、アセットのステータスを確認できます。

アセットの状態を確認する (コンソール)

AWS IoT SiteWise コンソールでアセットのステータスを確認するには、次の手順に従います。

アセットの状態を確認するには (コンソール)
  1. AWS IoT SiteWise コンソールに移動します。

  2. ナビゲーションペインで [Assets (アセット) ] を選択します。

  3. チェックするアセットを選択します。

    ヒント

    矢印アイコンを選択して、アセット階層を展開してアセットを検索できます。

  4. [Asset details] (アセットの詳細) パネルで[Status] (状態) を検索します。

    AWS IoT SiteWise ステータスがアクティブであるアセットの詳細パネル。

アセットのステータスの確認 (AWS CLI)

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、アセットのステータスを確認できます。

アセットのステータスを確認するには、 assetId パラメータを指定して DescribeAssetオペレーションを使用します。

アセットのステータスを確認するには (AWS CLI)
  • 以下のコマンドを実行して、アセットを記述します。asset-id をアセットの ID または外部 ID に置き換えます。外部 ID はユーザー定義 ID です。詳細については、AWS IoT SiteWise  ユーザーガイドの 外部 IDs を持つオブジェクトの参照を参照してください。

    aws iotsitewise describe-asset --asset-id asset-id

    このオペレーションは、アセットの詳細を含むレスポンスを返します。レスポンスには、次の構造を持つassetStatusオブジェクトが含まれます。

    { ... "assetStatus": { "state": "String", "error": { "code": "String", "message": "String" } } }

    アセットの状態は JSON オブジェクトの assetStatus.state にあります。

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスの確認

AWS IoT SiteWise コンソールまたは API を使用して、アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスを確認できます。

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスの確認 (コンソール)

AWS IoT SiteWise コンソールでアセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスを確認するには、次の手順に従います。

ヒント

アセットモデルとコンポーネントモデルの両方がナビゲーションペインのモデルの下に一覧表示されます。選択したアセットモデルまたはコンポーネントモデルの詳細パネルには、そのタイプが表示されます。

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスを確認するには (コンソール)
  1. AWS IoT SiteWise コンソールに移動します。

  2. ナビゲーションペインで、[モデル] を選択します。

  3. チェックするモデルを選択します。

  4. [Details] (詳細) パネルで[Status] (状態) を探す。

    AWS IoT SiteWise アセットモデルのステータスが強調表示された「アセットモデル」ページのスクリーンショット。

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスの確認 (AWS CLI)

を使用して、アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータス AWS CLI を確認できます。

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスを確認するには、 assetModelId パラメータを指定して DescribeAssetModelオペレーションを使用します。

ヒント

は、コンポーネントモデルをアセットモデルの一種として AWS CLI 定義します。したがって、両方のタイプのモデルに同じDescribeAssetModelオペレーションを使用します。レスポンスの assetModelTypeフィールドは、それが ASSET_MODELか かを示しますCOMPONENT_MODEL

アセットモデルまたはコンポーネントモデルのステータスを確認するには (AWS CLI)
  • 次のコマンドを実行してモデルを記述します。をアセットモデルまたはコンポーネントモデルの ID または外部 ID asset-model-idに置き換えます。外部 ID はユーザー定義 ID です。詳細については、AWS IoT SiteWise  ユーザーガイドの 外部 IDs を持つオブジェクトの参照を参照してください。

    aws iotsitewise describe-asset-model --asset-model-id asset-model-id

    オペレーションは、モデルの詳細を含むレスポンスを返します。レスポンスには、次の構造を持つ assetModelStatus オブジェクトが含まれています。

    { ... "assetModelStatus": { "state": "String", "error": { "code": "String", "message": "String" } } }

    JSON オブジェクトassetModelStatus.state内のモデルの状態は です。