AWS IoT Greengrass V1 SiteWise Edge ゲートウェイデバイスの選択 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Greengrass V1 SiteWise Edge ゲートウェイデバイスの選択

産業オペレーションに最適なローカルデバイスを選択します。 SiteWise Edge ゲートウェイは、 を実行できる任意のデバイスで設定できます AWS IoT Greengrass。すべてのローカルデバイスは、次の要件を満たしている必要があります。

  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.2 以降をサポートします。詳細については、[AWS IoT Greengrass Version 1 Developer Guide] (デベロッパーガイド) の[Supported platforms and requirements] (対応プラットフォームと要件) を参照してください。

  • RAM が 4 GB 以上ある。

  • 10 GB 以上の空きディスク容量があること。

  • Java 8 仮想マシン (JVM) をサポートしていること。

を使用してエッジでデータを処理する場合は AWS IoT SiteWise、ローカルデバイスも次の要件を満たしている必要があります。

  • x86 64 bit クアッドコアプロセッサ搭載。

  • 16 GB 以上の RAM があること。

  • Windows を使用している場合、RAM に 32 GB 以上が必要です。

  • 256 GB 以上の空きディスク容量があること。

断続的なインターネット接続のためにデータをキャッシュするために必要なディスク容量は、次の要因によって異なります。

  • アップロードされたデータストリームの数

  • 1 秒あたりのデータストリームごとのデータポイント

  • 各データポイントのサイズ

  • 通信速度

  • 予想されるネットワークのダウンタイム

データのポーリングとアップロードに必要なコンピューティング性能は、次の要因によって異なります。

  • アップロードされたデータストリームの数

  • 1 秒あたりのデータストリームごとのデータポイント