Amazon Elastic Compute Cloud でのゲートウェイ依存関係の設定 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Elastic Compute Cloud でのゲートウェイ依存関係の設定

Amazon EC2 で実行されるゲートウェイを設定できます。ゲートウェイは AWS クラウドで実行され、産業データソースから AWS IoT SiteWise にデータを取り込みます。詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 とは()Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

AWS IoT SiteWise には、Amazon EC2 インスタンスでのゲートウェイ依存関係を簡単に作成するために使用できる AWS CloudFormation テンプレートが用意されています。テンプレートからスタックを作成すると、AWS CloudFormation は、ゲートウェイの実行に必要な AWS リソースを作成します。次に、Amazon EC2 インスタンスで実行されている AWS IoT Greengrass Core を使用するゲートウェイを作成できます。

AWS CloudFormation テンプレートによって以下のリソースが作成されます。

  • AWS IoT Greengrass コアソフトウェアを使用した Amazon EC2 インスタンス

  • CloudWatch Logs とローカルファイルシステムの情報レベルのログ記録を持つ AWS IoT Greengrass グループ

  • Amazon Virtual Private Cloud

  • AWS Identity and Access Management (IAM) ロール

重要

この AWS CloudFormation テンプレートで作成および使用するリソースに対して課金されます。これらの料金には、AWS IoT Greengrass デバイスと Amazon EC2 のコンピューティング容量とデータ転送が含まれます。

Prerequisites

このスタックテンプレートから Amazon EC2 でゲートウェイの依存関係を作成するには、次が必要となります。

  • AWS アカウント内の AWS IoT SiteWise サービスにリンクされたロール。このロールは、AWS IoT SiteWise コンソールを使用すると自動的に作成されます。詳細については、「AWS IoT SiteWise でのサービスリンクロールの使用」を参照してください。

  • このスタックを作成するリージョンの AWS アカウントにアタッチされた AWS IoT Greengrass サービスロール。詳細については、「」を参照してください。AWS IoT Greengrass サービスロール()AWS IoT Greengrass バージョン 1 開発者ガイド

AWS CloudFormation スタックの作成

AWS CloudFormation でスタックを作成して、AWS IoT Greengrass ゲートウェイ依存関係を持つ Amazon EC2 インスタンスを作成できます。

Amazon EC2 でゲートウェイ依存関係を作成するには

  1. を開くAWS CloudFormation テンプレートに移動し、AWS マネジメントコンソールにサインインします。

  2. [スタックの作成] ページで、ページの下部にある [次へ] を選択します。

  3. リポジトリの []スタックの詳細を指定するページで、GroupNameは、このテンプレートがゲートウェイ用に作成する AWS IoT Greengrass グループ用です。

  4. (オプション) テンプレートのその他のパラメータを変更します。

    • InstanceType— Amazon EC2 インスタンスタイプ。詳細については、「」を参照してください。インスタンスタイプ()Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

    • SecurityAccessCIDR— 仮想プライベートクラウド (VPC) の CIDR ブロック。詳細については、「」を参照してください。VPC とサブネット()Amazon VPC ユーザーガイド

  5. [Next] を選択します。

  6. [スタックオプションの設定] ページで、[Next (次へ)] を選択します。

  7. ページの下部で、AWS CloudFormation がアクセス機能を必要とすることを確認するチェックボックスを選択します。

  8. [Create stack] を選択します。

    スタックの作成には約 5 分かかります。スタックの作成に失敗した場合、アカウントに十分な権限がないか、前提条件の IAM ロールがない可能性があります。スタックを削除して再試行するには、次の手順に従います。

    1. 右上隅の [削除] を選択します。

      スタックの削除には数分かかります。

    2. スタックの削除に失敗した場合は、[削除] をもう一度選択します。

    3. スタックの削除に再び失敗した場合は、AWS CloudFormation コンソールのステップに従って、削除に失敗したリソースをスキップし、もう一度試してください。

  9. スタックが正常に作成されたら、Amazon EC2 インスタンスにデプロイする AWS IoT Greengrass グループを持つゲートウェイを作成できます。詳細については、「AWS IoT SiteWise へのゲートウェイの追加」を参照してください。

重要

スタックを作成すると、AWS アカウントに新しいリソースが表示されます。これらのリソースを削除または変更すると、ゲートウェイが正常に動作しなくなることがあります。ゲートウェイの AWS IoT Greengrass グループの設定を変更しない限り、これらのリソースは変更しないことが推奨されます。