Modbus TCP ソースを設定する。 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Modbus TCP ソースを設定する。

AWS IoT SiteWise コンソールまたは AWS IoT SiteWise Edge ゲートウェイ機能を使用して Modbus TCP ソースを定義し、 SiteWise Edge ゲートウェイに追加できます。このソースは、ローカルの Modbus TCP サーバーを表します。

注記
  • SiteWise で実行されている Edge ゲートウェイは、 AWS IoT Greengrass V2 現在 Modbus TCP ソースをサポートしていません。

  • Modbus TCP AWS IoT SiteWise ソースを使用するにはコネクタをインストールする必要があります。

Modbus TCP ソースを使用して、 SiteWise Edge ゲートウェイで受信したソースのデータ型を別のデータ型に変換できます。ソースデータ型は、デスティネーションデータに選択できるデータ型を決定します。また、Modbus TCPのソースを使用してバイトを交換することも可能です。次の表は、互換性のあるソースデータ型、デスティネーションデータ型、およびスワップモードの詳細についてです。

スワップ・モードの詳細については、Modbus メッセージのエンコーディングに関する記事[How Real (Floating Point) and 32-bit Data is Encoded in Modbus RTU Messages] (Modbus RTU メッセージにおけるリアル (浮動小数点) および 32 ビットデータのエンコード方法) を参照してください。

出典データ型 対応するデスティネーションデータ型。 互換性のあるスワップモード。 互換性のあるコネクタのバージョン。
ASCII 文字列 NoSwap 2
UTF8 文字列 NoSwap 2
ISO8859 文字列 NoSwap 2
Int16 整数、 2 倍、文字列 noSwap 1 および 2
Int32 整数、 2 倍、文字列 スワップなし、バイトスワップ byteWordSwap、ワードスワップなし 1 および 2
浮動小数点数 2 倍、文字列 スワップなし byteWordSwap、バイトスワップ、ワードスワップ 1 および 2
ブール値 ブール値 noSwap 1 および 2
16 進ダンプ 文字列 noSwap 1 および 2