ストレージ設定の構成 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ストレージ設定の構成

サービス管理型のウォーム階層ストレージにオプトインしたり、コールド階層にデータを複製したりするようにストレージ設定を構成できます。ウォーム階層とホット階層の保持期間について詳しくは、を参照してくださいデータ保持への影響。ストレージ設定を行う際には、次のことを行ってください。

  • ホット階層の保存 — データが削除され、ストレージ設定に基づいてサービス管理のウォーム階層ストレージまたはコールド階層ストレージに移動されるまでのデータをホット階層に保存する期間を設定します。 AWS IoT SiteWise 保持期間が終了する前にホット階層のデータをすべて削除します。保持期間を設定しない場合、データはホット階層に無期限に保存されます。

  • ウォーム階層の保存 — AWS IoT SiteWise データがストレージから削除され、顧客が管理するコールド階層ストレージに移動される前に、データをウォーム階層に保存する期間を設定します。 AWS IoT SiteWise 保存期間が終了する前に存在していたデータをウォーム階層から削除します。保存期間が設定されていない場合、データはウォーム階層に無期限に保存されます。

注記

クエリのパフォーマンスを向上させるには、ウォーム階層ストレージでホット階層の保持期間を設定します。

ホット階層とウォーム階層のストレージにおけるデータ保持の影響

  • ホット階層ストレージの保持期間を短縮すると、データはホット階層からウォーム階層またはコールド階層に永続的に移動されます。ウォームティアの保持期間を短くすると、データはコールドティアに移動され、ウォームティアから完全に削除されます。

  • ホット階層またはウォーム階層のストレージの保持期間を延長すると、 AWS IoT SiteWise その変更はそれ以降に送信されるデータに影響します。 AWS IoT SiteWise ウォームストレージまたはコールドストレージからデータを取得してホットティアに格納することはありません。たとえば、ホット階層ストレージの保持期間を当初 30 日に設定し、その後 60 日に延長した場合、ホット階層ストレージに 60 日分のデータが保存されるまでに 30 日かかります。