アセットプロパティへの産業データストリームのマッピング - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アセットプロパティへの産業データストリームのマッピング

アセットプロパティでプロパティエイリアスを定義できます。これにより、アセットデータの取り込みまたは取得時にアセットプロパティを識別できます。アセットに測定プロパティがある場合は、プロパティエイリアスを定義して、データストリームをそのプロパティにマッピングすることができます。

このプロセスでは、プロパティのエイリアスを知っている必要があります。

  • SiteWise Edge ゲートウェイ の OPC-UA データソースを使用して OPC-UA サーバーからデータを取り込む場合、プロパティエイリアスは Objects ノードの下の変数へのパスで、 で始まります/

    変数へのパスが の場合company/windfarm/3/turbine/7/temperature、プロパティエイリアスは です/company/windfarm/3/turbine/7/temperature

    OPC-UA 情報アーキテクチャの詳細については、「OPC UA オンラインリファレンス」の「情報モデルとアドレス空間マッピング」を参照してください。

    メモ
    • OPC-UA ソースのデータストリームプレフィックスを設定する場合は、そのソースからのすべてのデータストリームのプロパティエイリアスにそのプレフィックスを含める必要があります。

      /RentonWA がプレフィックスの場合、以前のエイリアスは です/RentonWA/company/windfarm/3/turbine/7/temperature

    • プロパティのエイリアスは、最大 1,000 バイトまで含むことができます。OPC-UA 変数パスは最大 4,096 バイトまで含むことができます。現在、 AWS IoT SiteWise は、長いパスを持つ OPC-UA 変数からのデータの取り込みをサポートしていません。

  • SiteWise Edge ゲートウェイ の Modbus TCP データソースを使用して Modbus サーバーからデータを取り込む場合、プロパティエイリアスは次のとおりです。

    Modbus register set tag name

    この値を使用して、この登録セットからアセットプロパティにデータを送信します。

  • AWS IoT ルールAPI など、他のソースからデータを取り込む場合は、プロパティエイリアスを定義する必要があります。デバイス設定に適用可能なプロパティエイリアス命名システムを定義できます。たとえば、 AWS IoT のモノからデータを取り込む場合、プロパティエイリアスにモノの名を含めることで、データストリームを一意に識別できます。この例の詳細については、AWS IoT 「モノからのデータの取り込み」チュートリアルを参照してください。

プロパティエイリアスは、リージョンと AWS account. AWS IoT SiteWise returns 内で一意である必要があります。プロパティエイリアスを別のアセットプロパティに既に存在するエイリアスに設定すると、エラーが返されます。

同じデータストリームパスを持つ複数の OPC-UA ソースがある場合は、各ソースのパスにプレフィックスを追加して一意のエイリアスを作成します。詳細については、「データソースの設定」を参照してください。

注記

このセクションでは、測定プロパティのプロパティエイリアスを設定する方法について説明します。外部アラーム状態プロパティのプロパティエイリアスを設定する方法については、外部アラーム状態ストリームのマッピング。 を参照してください。