ステップ 1: AWS IoT SiteWise プロパティ値の更新を公開するように設定する - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: AWS IoT SiteWise プロパティ値の更新を公開するように設定する

この手順では、デモタービンアセットの [Wind Speed] プロパティでプロパティ値の通知を有効にします。プロパティ値通知を有効にすると、MQTT メッセージ内の各値更新が Core AWS IoT SiteWise AWS IoT に公開されます。

アセットプロパティでプロパティ値の更新に関する通知を有効にするには
  1. AWS IoT SiteWise コンソールにサインインします。

  2. AWS IoT SiteWise サポートされているエンドポイントとクォータを確認し、 AWS IoT SiteWise 必要に応じてリージョンを切り替えます AWS 。デモを実施しているリージョンに切り替えます。 AWS IoT SiteWise

  3. 左側のナビゲーションペインで [アセット] を選択します。

    AWS IoT SiteWise 「Assets」の左側のナビゲーション要素のスクリーンショット。
  4. Demo Wind Farm Asset の横にある矢印を選択して、風力発電施設のアセットの階層を展開します。

    AWS IoT SiteWise "Demo Wind Farm Asset" 階層のスクリーンショット。
  5. Demo Turbine を選択し、[編集] を選択します。

    AWS IoT SiteWise "Demo Turbine Asset" スクリーンショット。
  6. Wind Speedプロパティの [通知ステータス] を [已启用] に更新します。

    AWS IoT SiteWise 「通知ステータスを編集」のスクリーンショット。
  7. ページの下部にある [Save asset (アセットを保存) ] を選択します。

  8. 各 Demo Turbine Asset に対し、手順 5 ~ 7 を繰り返します。

  9. デモタービン (Demo Turbine Asset 1など) を選択します。

  10. [測定] を選択します。

  11. [Wind Speed] プロパティの横にあるコピーアイコンを選択して、通知トピックをクリップボードにコピーします。保存した通知トピックは、このチュートリアルの後半で使用します。通知トピックは、1 つの Turbine から記録するだけで大丈夫です。

    AWS IoT SiteWise 「通知トピックをコピー」のスクリーンショット。

    通知トピックは、次の例のようになります。

    $aws/sitewise/asset-models/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE/assets/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-22222EXAMPLE/properties/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-33333EXAMPLE