数式での比較関数の使用 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

数式での比較関数の使用

トランスフォームとメトリクスでは、次の比較関数を使用して 2 つの値を比較し、1 (true) または 0 (false) を出力できます。 AWS IoT SiteWise 文字列を辞書順に比較します

機能 説明

gt(x, y)

1x より大きい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 (x > y) を返します。

この関数は、xy が数値と文字列のように互換性のない型の場合は、値を返さない。

gte(x, y)

1x より大きいか、または等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 (x ≥ y) を返します。

AWS IoT SiteWise 引数がの相対許容誤差内にある場合、引数は等しいと見なします。1E-9これは Python のisclose 関数と同じような動作をします。

この関数は、xy が数値と文字列のように互換性のない型の場合は、値を返さない。

eq(x, y)

1x に等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 (x == y) を返します。

AWS IoT SiteWise 引数がの相対許容誤差内にある場合、引数は等しいと見なします。1E-9これは Python のisclose 関数と同じような動作をします。

この関数は、xy が数値と文字列のように互換性のない型の場合は、値を返さない。

lt(x, y)

1x より小さい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 (x < y) を返します。

この関数は、xy が数値と文字列のように互換性のない型の場合は、値を返さない。

lte(x, y)

1x より小さいか、または等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 (x ≤ y) を返します。

AWS IoT SiteWise 引数がの相対許容誤差内にある場合、引数は等しいと見なします。1E-9これは Python のisclose 関数と同じような動作をします。

この関数は、xy が数値と文字列のように互換性のない型の場合は、値を返さない。

isnan(x)

1x に等しい場合は NaN を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x が文字列の場合、この関数は値を返さない。