数式での演算子の使用 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

数式での演算子の使用

式には、次の一般的な算術演算子を使用することができます。

演算子 説明

+

両オペランドが数値の場合、この算術演算子は左右のオペランドを加算します。

どちらかのオペランドが文字列の場合、この算術演算子は左右のオペランドを文字列として連結する。例えば、式 1 + 2 + " is three""3 is three" に評価される。連結された文字列は最大 1024 文字まで可能である。文字列が 1024 文字を超える場合、 AWS IoT SiteWise はそのコンピューティングのためのデータポイントを出力しない。

-

左のオペランドから右のオペランドを減算します。

この算術演算子は、数値オペランドにのみ使用できます。

/

左のオペランドを右のオペランドで除算します。

この算術演算子は、数値オペランドにのみ使用できます。

*

左右のオペランドを乗算します。

この算術演算子は、数値オペランドにのみ使用できます。

^

左のオペランドを右のオペランドでべき乗します (べき乗)。

この算術演算子は、数値オペランドにのみ使用できます。

%

左のオペランドを右のオペランドで除算した剰余を返します。結果の符号は、左オペランドと同じです。この動作は、モジュロ演算とは異なります。

この算術演算子は、数値オペランドにのみ使用できます。

x < y

1x より小さい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x > y

1x より大きい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x <= y

1x より小さいか、または等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x >= y

1xより大きいか、または等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x == y

1x に等しい場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x != y

1x に等しくない場合は y を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

!x

1x (false) と評価された場合は 0 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x は、次の場合に (false) と評価される。

  • x は数値オペランドであり、0 に評価される。

  • x は空白の文字列に評価される。

  • x は空白の配列に評価される。

  • xNone に評価される。

x and y

0xと評価された場合 (false) 、0 を返す。それ以外の場合は、y の評価結果を返す。

x または y は、次の場合に (false) と評価される。

  • x または y は数値オペランドであり、0 に評価される。

  • x または y は空白の文字列として評価される。

  • x または y が空白の配列に評価されます。

  • x または yNone に評価される。

x or y

1x (true) に評価された場合、1 を返す。それ以外の場合は、y の評価結果を返す。

x または y は、次の場合に (false) と評価される。

  • x または y は数値オペランドであり、0 に評価される。

  • x または y は空白の文字列として評価される。

  • x または y が空白の配列に評価されます。

  • x または yNone に評価される。

not x

1x (false) と評価された場合は 0 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

x は、次の場合に (false) と評価される。

  • x は数値オペランドであり、0 に評価される。

  • x は空白の文字列に評価される。

  • x は空白の配列に評価される。

  • xNone に評価される。

[]

s[index]

文字列 index のインデックス s にある文字を返す。これは Python のインデックス構文に相当する。

  • "Hello!"[1]e を返します。

  • "Hello!"[-2]o を返します。

[]

s[start:end:step]

文字列 s のスライスを返す。これは Python のスライス構文に相当する。この演算子は次の引数を持つ。

  • start -(オプション) スライスの包括的な開始インデックスを指定します。デフォルトは 0 です。

  • end -(オプション) スライスの排他的終了インデックスです。デフォルトは文字列の長さです。

  • step -(オプション) スライスの各ステップで増分する番号です。例えば、2 を指定すると1文字おきにスライスを返し、-1 を指定するとスライスを反転させることができる。デフォルトは 1 です。

step 引数を省略すると、そのデフォルト値が使用される。たとえば、s[1:4:1]s[1:4] は同じです。

引数は整数または[none] (無し) 定数でなければならない。指定するとnone、 AWS IoT SiteWise その引数のデフォルト値が使用されます。

  • "Hello!"[1:4]"ell" を返します。

  • "Hello!"[:2]"He" を返します。

  • "Hello!"[3:]"lo!" を返します。

  • "Hello!"[:-4]"He" を返します。

  • "Hello!"[::2]"Hlo" を返します。

  • "Hello!"[::-1]"!olleH" を返します。