産業用アセットのモデリング - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

産業用アセットのモデリング

AWS IoT SiteWise アセットを使用して、産業オペレーションを仮想的に表すことができます。アセットは、AWS クラウドに 1 つ以上のデータストリームをアップロードするデバイス、機器、またはプロセスを表します。たとえば、アセットデバイスの例として、気温、プロペラ回転速度、および電力出力の時系列測定値を AWS IoT SiteWise のアセットプロパティに送信する風力タービンがあります。各データストリームは、一意のプロパティエイリアスに対応します。たとえば、エイリアス /company/windfarm/3/turbine/7/temperature は、風力発電所 #3 のタービン #7 からの温度データストリームを一意に識別します。AWS IoT SiteWise アセットを設定すると、温度データを摂氏から華氏に変換するなど、入力される計測データを、数式を使用して変換することができます。


      AWS IoT SiteWiseアセットは、産業オペレーションにおけるデバイスを表します。

アセットは、風力発電所全体など、デバイスの論理的なグループを表すこともできます。アセットを他のアセットに関連付けると、複雑な産業オペレーションを表すアセット階層を作成できます。アセットは関連付けられた子アセット内のデータにアクセスできるため、AWS IoT SiteWise 式を使用して風力発電所の正味電力出力などの集約メトリクスを計算できます。


      AWS IoT SiteWiseアセット階層は、産業オペレーションにおけるデバイス間の関係を表します。

すべてのアセットをアセットモデルから作成する必要があります。アセットモデルはアセットのフォーマットを標準化する宣言的な構造です。アセットモデルでは、同じ型の複数のアセットに一貫した情報が適用されるため、デバイスのグループを表すアセット内のデータを処理できます。前の図では、3 つのタービンすべてに同じアセットモデルを使用します。これは、すべてのタービンが共通のプロパティセットを共有しているためです。

アセットモデルを定義したら、産業アセットを作成できます。アセットを作成するには、ACTIVE アセットモデルを選択して、そのモデルからアセットを作成します。次に、データストリームのエイリアスや属性など、アセット固有の情報を入力できます。前の図では、1 つのアセットモデルから 3 つのタービンアセットを作成し、各タービンに /company/windfarm/3/turbine/7/temperature のようなデータストリームエイリアスを関連付けます。

既存のアセットおよびアセットモデルを更新および削除することもできます。アセットモデルを更新すると、そのアセットモデルに基づくすべてのアセットに、基になるモデルに加えた変更が反映されます。