ステップ 1: Monitor SiteWise でポータルを作成する - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: Monitor SiteWise でポータルを作成する

この手順では、 AWS IoT SiteWise Monitorでポータルを作成します。各ポータルは、管理対象の Web アプリケーションであり、 AWS IAM Identity Center 管理者とユーザーはアカウントを使用してサインインできます。IAM Identity Center では、会社の既存のアイデンティティストアを使用することも、 AWS管理するアイデンティティストアを作成することもできます。会社の従業員は、 AWS アカウント別途作成しなくてもサインインできます。

ポータルを作成するには
  1. AWS IoT SiteWise コンソールにサインインします。

  2. AWS IoT SiteWise サポートされているエンドポイントとクォータを確認し、 AWS IoT SiteWise 必要に応じてリージョンを切り替えてください。 AWS IoT SiteWise デモは同じリージョンで実行する必要があります。

  3. 左のナビゲーションペインで、[ポータル] を選択します。

  4. [ポータルの作成] を選択します。

  5. すでに IAM Identity Center を有効にしている場合は、ステップ 6 に進みます。それ以外の場合は、以下のステップを実行して IAM Identity Center を有効にします。

    1. 有効化 AWS IAM Identity Center (SSO)」ページで、「メールアドレス」、「」、「」を入力して、自分がポータル管理者になる IAM Identity Center ユーザーを作成します。新しい IAM Identity Center ユーザーのパスワードを設定するための E メールを受信できるように、アクセスできる E メールアドレスを使用します。

      ポータルでは、ポータル管理者がプロジェクトを作成し、ユーザーをプロジェクトに割り当てます。後でさらにユーザーを作成できます。

      「ポータルの作成」プロセスの「有効化 AWS IAM Identity Center (SSO)」ページ。
    2. [ユーザーの作成] を選択します。

  6. [ポータルの設定] ページで、次のステップを実行します。

    1. WindFarmPortal などのポータルの名前を入力します。

    2. (オプション) ポータルの説明を入力します。複数のポータルがある場合は、わかりやすい説明を使用すると、各ポータルに含まれる内容を追跡できます。

    3. (オプション) ポータルに表示するイメージをアップロードします。

    4. ポータルユーザーがポータルで問題が発生し、 AWS 問題を解決するために会社の管理者の支援が必要な場合に連絡できるメールアドレスを入力します。

    5. [ポータルの作成] を選択します。

  7. [管理者を招待する] ページでは、IAM Identity Center ユーザーを管理者としてポータルに割り当てることができます。ポータル管理者は、ポータル内のアクセス許可とプロジェクトを管理します。このページで、次のことを行ってください。

    1. ポータル管理者となるユーザーを選択します。のチュートリアルの前半で IAM Identity Center を有効にした場合、作成したユーザーを選択します。

      「ポータルの作成」プロセスの「管理者の招待」ページ。
    2. (オプション) [選択したユーザーに招待を送信] を選択します。メールソフトを開くと、メッセージの本文に招待状が表示されます。E メールは、ポータル管理者に送信する前にカスタマイズできます。後でポータル管理者に E メールを送信することもできます。 SiteWise Monitor を初めて利用する場合で、ポータル管理者になる場合は、自分宛にメールを送信する必要はありません。

    3. [次へ] をクリックします。

  8. [ユーザーの割り当て] ページでは、ポータルに IAM Identity Center ユーザーを割り当てることができます。ポータル管理者は、これらのユーザーを後でプロジェクトの所有者やビューワーとして割り当てることができます。プロジェクト所有者は、プロジェクト内にダッシュボードを作成することができます。プロジェクトのビューワーは、割り当てられたプロジェクトに対して読み取り専用のアクセス権を持ちます。このページでは、ポータルに追加する IAM Identity Center ユーザーを作成することができます。

    注記

    AWS Organizations 管理アカウントにサインインしていない場合、IAM Identity Center ユーザーを作成することはできません。[ユーザーの割り当て] を選択して、ポータルユーザーなしでポータルを作成し、このステップをスキップします。

    このページで、次のことを行ってください。

    1. 次のステップを 2 回行い、2 人の IAM Identity Center ユーザーを作成します。

      1. [ユーザーの作成] を選択すると、新規ユーザーの詳細を入力するダイアログボックスが表示されます。

      2. 登録するユーザーの E メールアドレスを入力します。IAM Identity Center からユーザーに、パスワードを設定するための E メールが送信されます。これらのユーザーとしてポータルにサインインする場合、アクセス可能なメールアドレスを選択します。各メールアドレスは異なるメールアドレスでなければなりません。ユーザーは、メールアドレスをユーザー名としてポータルにサインインします。

        [Assign users (ユーザーの割り当て) ] が強調表示された [Portal details (ポータルの詳細) ] ページ。
      3. [ユーザーの作成] を選択します。

    2. 前のステップで作成した 2 人の IAM Identity Center ユーザーを選択します。

      新しい IAM Identity Center ユーザーが強調表示されている 「ユーザーの割り当て」ページ。
    3. [ユーザーの割り当て] を選択して、これらのユーザーをポータルに追加します。

    ポータルページが開き、新しいポータルが一覧表示されます。