OPC-UA でデータ取り込み範囲をフィルタリングする。 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

OPC-UA でデータ取り込み範囲をフィルタリングする。

OPC-UA ソースでのデータ取り込みは、スキャンモードとデッドバンド範囲を使用することで制御することができます。これらの機能により、取り込むデータの種類と、サーバーと SiteWise Edge ゲートウェイがこの情報を交換する方法とタイミングを制御できます。

スキャンモードでデータ収集頻度を制御する。

OPC-UA のスキャンモードを設定することで、OPC-UA ソースからのデータ収集方法を制御することができます。サブスクリプションモードとポーリングモードを選択することができます。

  • サブスクリプションモード — OPC-UA ソースは、スキャンレートで定義された頻度でデータを収集して SiteWise Edge ゲートウェイに送信します。サーバーは値が変更された場合にのみデータを送信するため、 SiteWise これがエッジゲートウェイがデータを受信する最大頻度です。

  • ポーリングモード — SiteWise Edge ゲートウェイは、スキャンレートで定義された設定頻度で OPC-UA ソースをポーリングします。サーバーは値が変更されたかどうかに関係なくデータを送信するため、 SiteWise Edge ゲートウェイは常にこの間隔でデータを受信します。

    注記

    ポーリングモードオプションは、このソースのデッドバンド設定をオーバーライドします。

OPC-UA のデータ取り込みをデッドバンド幅でフィルタリングする。

OPC-UA ソースプロパティグループにデッドバンドを適用して、特定のデータをクラウドに送信する代わりに除外して破棄することができます。 AWS デッドバンドは、OPC-UA ソースから受信するデータ値の変動を予測するウィンドウを指定します。値がこのウィンドウ内に収まる場合、OPC-UA サーバーはその値をクラウドに送信しません。 AWS デッドバンドフィルターを使用すると、処理してクラウドに送信するデータの量を減らすことができます。 AWS SiteWise Edge ゲートウェイに OPC-UA ソースを設定する方法については、を参照してください。データソースの設定

注記

サーバーは、デッドバンドで指定されたウィンドウ内にあるすべてのデータを削除します。この破棄されたデータは復元できません。

デッドバンドの種類

OPC-UA サーバのプロパティグループには、2 種類のデッドバンドを指定することができます。これにより、 AWS クラウドに送信するデータ量と廃棄するデータ量を選択できます。

  • パーセンテージ - 測定値の予想変動率のパーセンテージを使用してウィンドウを指定します。サーバーはこのパーセンテージから正確なウィンドウを計算し、 AWS その時間を超えるデータをクラウドに送信します。たとえば、華氏 -100 度から +100 度 (華氏 +100 度) の範囲のセンサーに 2% のデッドバンド値を指定すると、値が華氏 4 度以上変化したときにデータをクラウドに送信するようサーバーに指示します AWS 。

    注記

    ソースサーバーが工学的単位を定義していない場合、このウィンドウに最小および最大のデッドバンド値をオプションで指定できます。工学単位範囲が指定されていない場合、OPC-UA サーバは測定データ型のフルレンジをデフォルトとします。

  • 絶対 - 正確な単位を使用してウィンドウを指定します。例えば、あるセンサーのデッドバンドを 2 と指定すると、その値が 2 単位以上変化したときに AWS クラウドにデータを送信するようにサーバーに指示する。通常の運用で定期的に変動が予想されるようなダイナミックな環境では、絶対デッドバンドを使用することができます。

デッドバンドタイムアウト

オプションで、デッドバンドのタイムアウト設定を行うことができます。このタイムアウト後は、現在の測定値が想定されるデッドバンド変動の範囲内であっても OPC-UA サーバは送信します。タイムアウト設定を使用すると、値が定義済みのデッドバンドウィンドウを超えない場合でも、 AWS IoT SiteWise 常に安定したデータストリームが取り込まれるようにすることができます。