AWS IoT SiteWise クォータ - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT SiteWise クォータ

以下の表は、のクォータについて説明しています。 AWS IoT SiteWiseクォータおよびクォータ増加のリクエスト方法の詳細については、『AWS 全般のリファレンス』の 「AWS Service Quotas」を参照してください。 AWS IoT SiteWise クォータの詳細については、の「AWS IoT SiteWise サービスクォータ」を参照してください。AWS 全般のリファレンス

アセットおよびアセットモデルのクォータ
リソース クォータ 引き上げ可能 メモ
1 アカウントあたりのリージョンごとのアセットモデル数 AWS 1,000 はい
アセットモデルあたりのアセット数 10,000 はい
親アセットあたりの子アセット数 2000 はい
アセットモデル階層ツリーの深さ 30 はい
アセットモデルあたりの階層定義数 30 はい
アセットモデルごとのルートレベルのプロパティ数。 500 はい 各アセットモデルのこの最大数。assetModelPropertiesこの数には含まれませんcompositeModelProperties。このクォータは、このアセットモデルから作成されたすべてのユニークアセットにも適用されます。
アセットモデルあたりのプロパティ数 5000 はい ASSET_MODELCOMPONENT_MODELタイプがまたはのアセットモデルのプロパティの最大数。この数は、 component-model-based ルートアセットモデルとインクルードまたはインラインコンポジットモデルのプロパティを組み合わせて決定されます。このクォータは、このアセットモデルから作成されたすべてのユニークアセットにも適用されます。
複合モデルあたりのプロパティ数 100 はい 複合モデルに許容されるプロパティの最大数。また、1 COMPONENT_MODEL つのタイプのアセットモデルに許容されるプロパティの最大数です。
アセットモデルあたりのプロパティツリーの深さ 10 [いいえ] たとえば、測定プロパティ A を使用する変換プロパティ B を使用する変換プロパティ C を持つモデルの深さは、3 です。
階層ツリーあたりのアセットモデル数 100 はい
アセットモデルあたりの直接依存プロパティ数 20 [いいえ] このクォータは、プロパティ式の定義に従って、1 つのプロパティに直接依存できるプロパティの数を制限します。アセットモデルに対する従属プロパティの数は、アセットモデル 1 つあたりの直接依存プロパティの数より大きくなければなりません。アセットモデルに対する直接従属プロパティの上限数が、アセットモデル 1 つあたりの依存プロパティの上限数より大きい場合は、両方についてクォータ増加をリクエストすることができます。
アセットモデルあたりの依存プロパティ数 30 [いいえ] このクォータは、プロパティ式の定義に従って、1 つのプロパティに直接または間接的に依存できるプロパティの数を制限します。
アセットモデルあたりの複合モデル数 50 はい 1 つの資産モデルで許容される複合モデルの最大数。
複合モデルの奥行き 2 はい インラインモデルと複合モデルを含む、 component-model-based アセットモデルごとの複合モデルツリーの最大深度。
同じコンポーネントモデルを使用する独自のアセットモデルの数 20 はい COMPONENT_MODEL component-model-based タイプの特定のアセットモデルを直接参照する複合モデルを少なくとも 1 つ含むユニークアセットモデルの最大数。
プロパティ式あたりのプロパティ変数の数 10 [いいえ] たとえば、式 avg(power) + max(temp)には tempおよび powerの 2 つのプロパティ変数があります。これは変換の計算結果にも当てはまります。
プロパティ式ごとの関数の数 10 [いいえ] たとえば、式 avg(power) + max(temp)には、avgおよびmax という 2 つの関数があります。
アセットプロパティデータのクォータ
リソース クォータ 引き上げ可能 メモ
アセットプロパティデータ API オペレーションのリクエストレート 1 アカウント、1 リージョンあたり 1 秒あたり 1000 リクエスト AWS はい このクォータは、GetAssetPropertyValueBatchPutAssetPropertyValue などの API オペレーションに適用されます。
アセットプロパティ、データ品質ごとの 1 秒あたりのデータポイント数 10 データポイント [いいえ] このクォータは、各アセットプロパティのデータ品質あたりのタイムスタンプ timestamp-quality-value (秒単位) が同じデータポイントの最大数 (TQV) に適用されます。各アセットプロパティについて、任意の秒に対して、品質適合、品質不明、および品質不良のデータポイントをこの数まで保存できます。
1 アカウントあたりのリージョンごとのアセットプロパティごとに 1 BatchPutAssetPropertyValue 秒あたりに取り込まれるエントリ数。 AWS 1 アセットプロパティあたり 10 エントリ [いいえ] このクォータは、 SiteWise Edge ゲートウェイ、 AWS IoT Core ルール、API BatchPutAssetPropertyValue コールを含むすべてのソースからのエントリに適用されます。
取り込まれたデータポイントの割合 1 アカウント、1 リージョンあたり 5000 データポイント/秒 AWS はい T imestamp-quality-value (TQV) データポイント。
BatchGetAssetPropertyAggregates のリクエストレート 200 はい 現在のリージョンで、このアカウントで実行できる1秒あたりの BatchGetAssetPropertyAggregates リクエストの最大数です。
BatchGetAssetPropertyValue のリクエストレート 500 はい 現在のリージョンで、このアカウントで実行できる1秒あたりの BatchGetAssetPropertyValue リクエストの最大数です。
BatchGetAssetPropertyValueHistory のリクエストレート 200 はい 現在のリージョンで、このアカウントで実行できる1秒あたりの BatchGetAssetPropertyValueHistory リクエストの最大数です。
1 アカウント、1 リージョンあたりのアセットプロパティごとに 1 BatchPutAssetPropertyValue 秒あたりに取り込まれるエントリ数。 AWS 1 アセットプロパティあたり 10 エントリ [いいえ] このクォータは、 SiteWise Edge ゲートウェイ、 AWS IoT Core ルール、API BatchPutAssetPropertyValue コールを含むすべてのソースからのエントリに適用されます。
アセットプロパティあたりの GetAssetPropertyAggregatesリクエストと BatchGetAssetPropertyAggregatesエントリクエリレート 50 [いいえ] このアカウントでの現在のリージョンにおいて実行できる 1 秒あたりの GetAssetPropertyAggregatesリクエストと BatchGetAssetPropertyAggregatesエントリの合計最大数。
アセットプロパティあたりの GetAssetPropertyValueリクエストと BatchGetAssetPropertyValueエントリクエリレート 500 [いいえ] このアカウントでの現在のリージョンにおいて実行できる 1 秒あたりの GetAssetPropertyValueリクエストと BatchGetAssetPropertyValueエントリの合計最大数。
アセットプロパティあたりの GetAssetPropertyValueHistoryリクエストと BatchGetAssetPropertyValueHistoryエントリクエリレート 30 [いいえ] このアカウントでの現在のリージョンにおいて実行できる 1 秒あたりの GetAssetPropertyValueHistoryリクエストと BatchGetAssetPropertyValueHistoryエントリの合計最大数。
GetInterpolatedAssetPropertyValues リクエストのレート。 500 はい 現在のリージョンで、このアカウントで実行できる1秒あたりの GetInterpolatedAssetPropertyValues リクエストの最大数です。
GetInterpolatedAssetPropertyValues リクエストあたりの結果数。 10 はい ページ割りされた GetInterpolatedAssetPropertyValues リクエストごとに返す結果の最大数。
GetAssetPropertyValueHistory および BatchGetAssetPropertyValueHistoryから取得するデータポイントレート 1 アカウント 1 リージョンあたり 1 秒あたり 100 MB の読み取り応答。 AWS はい

とでの 1 アカウントあたりのリージョンごとに 1 秒あたりに取得されるデータポイントの最大バイトレート (MB/秒)。 AWS GetAssetPropertyValueHistory BatchGetAssetPropertyValueHistoryこのクォータで評価されるレスポンスペイロードでは、各データポイントの Timestamp-Quality-Value (TQV) フィールドを使用しており、各 API リクエストのバイトサイズは次の 4 KB 単位で四捨五入されます。

1 秒あたりに取得される T imestamp-quality-value (TQV) データポイントは、データタイプによって異なります。

  • 整数 – 1 秒あたり最大 500 万 TQV

  • ダブル - 1 秒あたり最大 400 万 TQV

  • ブール値 - 1 秒あたり最大 600 万 TQV

  • 文字列 – 各文字列の値のサイズによって異なる。

SiteWise Edge ゲートウェイのクォータ
リソース クォータ 調整可能
1 アカウントあたりのリージョンごとの SiteWise Edge ゲートウェイ数 AWS 100 はい
Edge ゲートウェイあたりの OPC-UA ソースの数 SiteWise 100 [いいえ]
のクォータ AWS IoT SiteWise Monitor
リソース クォータ 調整可能
1 アカウントあたりのリージョンあたりのポータル数 AWS 100 はい
ポータルあたりのプロジェクト数 100 はい
プロジェクトあたりのダッシュボード数 100 はい
プロジェクトあたりのルートアセット数 1 いいえ
ダッシュボードあたりの可視化数 10 はい
ダッシュボードによる可視化あたりのメトリクス数 5 はい
ダッシュボードによる視覚化あたりのしきい値数 12 [いいえ]
AWS IoT SiteWise メタデータの一括インポートとエクスポートのクォータ
リソース 説明 Quota 調整可能
キュー内のメタデータ転送ジョブの数。

PENDINGキュー内のメタデータ転送ジョブの最大数。

10 [Yes (はい)]
メタデータ転送ジョブのインポートファイルのサイズ。

インポートされるファイルの最大サイズ (MB 単位)。

100 MB はい
AWS IoT SiteWise メタデータ転送ジョブのリソースクォータ

1 つのジョブでインポートまたはエクスポートされるリソースの最大数。リソースにはアセットとアセットモデルが含まれます。

5000 [いいえ]
AWS IoT SiteWise データの一括インポートのクォータ
リソース クォータ 調整可能
実行中の一括インポートジョブの数。 100 [いいえ]
CSV ファイルのサイズ。 10 GB [いいえ]
圧縮されていない寄木細工ファイルのサイズ。 256 MB [いいえ]
CSVバッファリングによる取り込み用のファイルのサイズ。 256 MB [いいえ]
圧縮されていない寄木細工の行グループのサイズ。 64 MB [いいえ]
寄木細工の列グループごとのユニークな測定値の数。 2000 はい
過去のタイムスタンプから今日のタイムスタンプまでのバッファ取り込み日数 30 はい
CreateBulkImportJobs各アカウントの各リージョンのリクエストレート AWS 10 [Yes (はい)]
ListBulkImportJobs AWS 各アカウントのリージョンごとのリクエストレートです。 50 はい
DescribeBulkImportJobs AWS 各アカウントのリージョンごとのリクエストレートです。 50 はい

異常検出のクォータ

異常検出のクォータは Amazon Lookout for Equipment AWS IoT SiteWise との間で共有されます。詳細については、「Lookout for Equipment を使用するためのクォータ」を参照してください。