一括インポートジョブの実行 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

一括インポートジョブの実行

一括インポートは、メタデータを AWS IoT SiteWise ワークスペースに移動するアクションです。例えば、一括インポートでは、メタデータをローカルファイルまたは Amazon S3 バケット内のファイルから AWS IoT SiteWise ワークスペースに移動できます。

ステップ 1: インポートするファイルを準備する

AWS IoT SiteWise ネイティブ形式ファイルをダウンロードして、アセットとアセットモデルをインポートします。詳細については、「AWS IoT SiteWise メタデータ転送ジョブスキーマ」を参照してください。

ステップ 2: 準備したファイルを Amazon S3 にアップロードする

このファイルを Amazon S3 にアップロードします。詳細については、Amazon Simple Storage Service Amazon S3 へのファイルのアップロード」を参照してください。

メタデータのインポート (コンソール)

を使用してメタデータ AWS IoT SiteWise コンソール を一括インポートできます。ステップ 1: インポートするファイルを準備するステップ 2: 準備したファイルを Amazon S3 にアップロードするに従って、インポートする準備ができたファイルを準備します。

Amazon S3 から にデータをインポートする AWS IoT SiteWise コンソール
  1. AWS IoT SiteWise コンソールに移動します。

  2. ナビゲーションペインから一括オペレーション新規を選択します。

  3. 新しいインポートを選択してインポートプロセスを開始します。

  4. メタデータのインポートページで、次の操作を行います。

    • Amazon S3 を参照 を選択して、Amazon S3 バケットとファイルを表示します。

    • 準備済みのインポートファイルを含む Amazon S3 バケットに移動します。

    • インポートするファイルを選択します。

    • 選択したファイルを確認し、インポート を選択します。

  5. SiteWise メタデータの一括オペレーションページには、新しく作成されたインポートジョブがジョブの進行状況テーブル AWS IoT SiteWise コンソール に表示されます。

メタデータのインポート (AWS CLI)

インポートアクションを実行するには、次の手順を使用します。

Amazon S3 から にデータをインポートする AWS CLI
  1. に続いて、インポートするリソースを指定するメタデータファイルを作成しますAWS IoT SiteWise メタデータ転送ジョブスキーマ。このファイルを Amazon S3 バケットに保存します。

    インポートするメタデータファイルの例については、「」を参照してくださいメタデータのインポートの例

  2. 次に、リクエスト本文を含む JSON ファイルを作成します。リクエストボディは、転送ジョブの送信元と送信先を指定します。このファイルは、前のステップの ファイルとは別のものです。必ず Amazon S3 バケットをソースとして指定し、送信先iotsitewiseとして指定してください。

    次の例は、リクエストボディを示しています。

    { "metadataTransferJobId": "your-transfer-job-Id", "sources": [{ "type": "s3", "s3Configuration": { "location": "arn:aws:s3:::your-S3-bucket-name/your_import_metadata.json" } }], "destination": { "type": "iotsitewise" } }
  3. 次の AWS CLI コマンドCreateMetadataTransferJobを実行して、 を呼び出します。この例では、前のステップのリクエスト本文ファイルの名前は ですcreateMetadataTransferJobExport.json

    aws iottwinmaker create-metadata-transfer-job --region us-east-1 \ --cli-input-json file://createMetadataTransferJobImport.json

    これにより、メタデータ転送ジョブが作成され、選択したリソースの転送プロセスが開始されます。