ソースサーバーのデータの保存先を選択する。 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ソースサーバーのデータの保存先を選択する。

データはエッジから AWS IoT SiteWise にリアルタイムでエクスポートされるか、Amazon S3 を使用してバッチでエクスポートされます。ストリームを使用して別のコンポーネントに AWS IoT Greengrass ストリームを送信することもできます。

  • AWS IoT SiteWise リアルタイム – データを AWS IoT SiteWise ストレージに直接送信するには、これを選択します。データをリアルタイムで取り込み、モニタリングし、エッジでデータを処理します。

  • AWS IoT SiteWise Amazon S3 を使用したバッファリング — Parquet 形式でデータを Amazon S3 に送信し、 AWS IoT SiteWise ストレージにインポートします。データをバッチで取り込み、履歴データを費用対効果の高い方法で保存するには、このオプションを選択します。任意の Amazon S3 バケットの場所と、Amazon S3 にデータをアップロードする頻度を設定できます。への取り込み後にデータを処理する方法を選択することもできます AWS IoT SiteWise。 SiteWise データと Amazon S3 の両方で使用できるようにするか、Amazon S3 からデータを自動的に削除するかを選択できます。

    • Amazon S3 バケットはステージングおよびバッファリングメカニズムであり、parquet 形式のファイルをサポートしています。

    • 「ストレージ に AWS IoT SiteWise データをインポートする」チェックボックスをオンにすると、データは最初に Amazon S3 にアップロードされ、次にストレージにアップロードされます AWS IoT SiteWise 。

      • Amazon S3 からデータを削除するチェックボックスをオンにすると、データはストレージに SiteWiseインポートされた後に Amazon S3 から削除されます。

      • チェックボックスをオフにすると、Amazon S3 からデータを削除すると、データは Amazon S3 と SiteWise ストレージの両方に保存されます。

    • チェックボックスをオフにすると、データをストレージ に AWS IoT SiteWise インポートすると、データは Amazon S3 にのみ保存されます。ストレージには SiteWiseインポートされません。

    AWS IoT SiteWise が提供するさまざまなストレージオプションの詳細については、ストレージの管理「」を参照してください。料金オプションの詳細については、AWS IoT SiteWise 「 の料金」を参照してください。

  • AWS IoT Greengrass ストリームマネージャー – AWS IoT Greengrass ストリームマネージャーを使用して、 のチャネル AWS IoT Analytics、Amazon Kinesis Data Streams のストリーム、 のアセットプロパティ AWS IoT SiteWise、または Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のオブジェクトの AWS クラウド 宛先にデータを送信します。詳細については、「 AWS IoT Greengrass Version 2 デベロッパーガイド」の AWS IoT Greengrass 「 Core のデータストリームの管理」を参照してください。

次の例は、必要なデータストリームのメッセージ構造を示している。すべての項目が必須です。

{ "assetId": "string", "propertyAlias": "string", "propertyId": "string", "propertyValues": [ { "quality": "string", "timestamp": { "offsetInNanos": number, "timeInSeconds": number }, "value": { "booleanValue": boolean, "doubleValue": number, "integerValue": number, "stringValue": "string" } } ] }
注記

データストリームメッセージは、その構造propertyAliasに (assetIdpropertyId) または を含める必要があります。

assetId

(オプション) 更新するアセットの ID。

propertyAlias

(オプション) OPC-UA サーバーデータストリームパスなど、 プロパティを識別するエイリアス。例:

/company/windfarm/3/turbine/7/temperature

詳細については、「 AWS IoT SiteWise ユーザーガイド」の「産業用データストリームをアセットプロパティにマッピングする」を参照してください。

propertyId

(オプション) このエントリのアセットプロパティの ID。

propertyValues

(必須) アップロードするプロパティ値のリスト。最大 10 個のpropertyValues配列要素を指定できます。

quality

(オプション) アセットプロパティ値の品質。

timestamp

(必須) アセットプロパティ値のタイムスタンプ。

offsetInNanos

(オプション) からのナノ秒オフセットtimeInSeconds

timeInSeconds

(必須) Unix エポック形式の秒単位のタイムスタンプ日付。分数ナノ秒のデータは、offsetInNanos で提供されます。

value

(必須) アセットプロパティの値。

注記

value フィールドには、次のいずれかの値しか存在できません。

booleanValue

(オプション) ブール型のアセットプロパティデータ (true または false)。

doubleValue

(オプション) double (浮動小数点数) 型のアセットプロパティデータ。

integerValue

(オプション) 整数型 (整数) のアセットプロパティデータ。

stringValue

(オプション) 文字列型 (文字のシーケンス) のアセットプロパティデータ。