AWS IoT SiteWise クエリ言語 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT SiteWise クエリ言語

AWS IoT SiteWise データ取得 ExecuteQueryAPI オペレーションでは、宣言型構造定義とそれに関連する時系列データに関する情報を以下から取得できます。

  • モデル

  • アセット

  • 測定値

  • メトリクス

  • 変換する

  • 集合体

これは SQL のようなクエリステートメントを使用して、1 回の API リクエストで実行できます。

注記

この機能は、 AWS GovCloud (米国西部) を除き、 AWS IoT SiteWise AWS IoT TwinMaker とが両方とも利用できるすべてのリージョンで利用できます。

前提条件

AWS IoT SiteWise AWS IoT TwinMaker 産業データを整理してモデル化できるようにするには、との統合権限が必要です。

モデル、資産、測定値、指標、変換、集計に関する情報を取得する前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

  • 両方のサービスにリンクされたロールと、での設定。 AWS IoT SiteWise AWS IoT TwinMaker AWS アカウントサービスリンクロールの詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「サービスリンクロールの使用」を参照してください。

  • IAM AWS IoT SiteWise ロールのインテグレーションが有効になっている。詳細については、「AWS IoT SiteWise と AWS IoT TwinMaker の統合」を参照してください。

  • IoTSiteWiseDefaultWorkspaceリージョンのアカウントにある ID AWS IoT TwinMaker の付いたワークスペース。詳細については、IoTSiteWiseDefaultWorkspace ユーザーガイドの「AWS IoT TwinMaker の使用」を参照してください。

  • AWS IoT TwinMaker 標準または段階的なバンドル価格設定モードのいずれかが有効になっています。詳しくは、AWS IoT TwinMaker ユーザーガイドのAWS IoT TwinMaker 価格設定モードの切り替え」を参照してください。