CloudWatch AWS IoT Wireless ログエントリの表示 - AWS IoT Core

CloudWatch AWS IoT Wireless ログエントリの表示

AWS IoT Wireless 用のログ記録ロールとポリシーを作成する で説明されているように AWS IoT Wireless のログ記録を設定し、いくつかのログエントリを書き込んだ後、次の手順を実行して CloudWatch コンソールでログエントリを表示できます。

CloudWatch ロググループコンソールでの AWS IoT ログの表示

CloudWatch コンソールで、CloudWatch のログは /aws/iotwireless という名前のロググループに表示されます。CloudWatch Logs の詳細については、CloudWatch Logs を参照してください。

CloudWatch コンソールでAWS IoT ログを表示するには

CloudWatch コンソールに移動して、ナビゲーションペインで [Log groups] (ロググループ) を選択します。

  1. [Filter] (フィルター) テキストボックスに /aws/iotwireless と入力して、/aws/iotwireless ロググループを選択します。

  2. アカウントに対して生成された AWS IoT Wireless ログの完全なリストを表示するには、[Search all] (すべて検索) を選択します。個々のログストリームを表示するには、展開アイコンを選択します。

  3. ログストリームをフィルターするには、[Filter events] (イベントをフィルター) テキストボックスにクエリを入力することもできます。試すべきクエリの例がいくつかあります。

    • { $.logLevel = "ERROR" }

      このフィルターを使用すると、ログレベルが ERROR であるすべてのログを検索して、個々のエラーストリームを展開してエラーメッセージを読み取ることができます。これは、エラーメッセージの解決に役立ちます。

    • { $.resource = "WirelessGateway" }

      ログレベルに関係なく、WirelessGateway リソースのすべてのログを検索します。

    • { $.event = "CUPS_Request" && $.logLevel = "ERROR" }

      イベントタイプ CUPS_Request で、ログレベルが ERROR であるすべてのログを検索します。

イベントタイプとリソースタイプ

次の表に、ログエントリが表示されるさまざまなイベントのタイプを示します。イベントタイプは、リソースタイプがワイヤレスデバイスかワイヤレスゲートウェイかによっても異なります。リソースおよびイベントタイプにデフォルトのログレベルを使用することも、それぞれのログレベルを指定することでデフォルトのログレベルをオーバーライドすることもできます。

使用されるリソースに基づくイベントタイプ
リソース リソースタイプ イベントタイプ
ワイヤレスゲートウェイ LoRaWAN
  • CUPS_Request

  • 証明書

ワイヤレスデバイス LoRaWAN
  • 参加

  • Rejoin

  • Uplink_Data

  • Downlink_Data

ワイヤレスデバイス Sidewalk
  • 登録

  • Uplink_Data

  • Downlink_Data

次のトピックでは、これらのイベントタイプと、ワイヤレスゲートウェイおよびワイヤレスデバイスのログエントリについて詳しく説明します。