AWS IoT Core for LoRaWAN へのゲートウェイとデバイスの接続 - AWS IoT Core

AWS IoT Core for LoRaWAN へのゲートウェイとデバイスの接続

AWS IoT Core for LoRaWAN は、ワイヤレス LoRaWAN (省電力長距離広域ネットワーク) デバイスの接続と管理を支援し、必要であった LNS の開発と運用を置き換えます。Long range WAN (LoRaWAN) デバイスおよびゲートウェイは、AWS IoT Core for LoRaWAN を使用することにより、AWS IoT Core に接続できます。

デバイス、ゲートウェイ、プロファイル、および送信先の命名規則

AWS IoT Core for LoRaWAN を開始してリソースを作成する前に、デバイス、ゲートウェイ、および送信先の命名規則を検討してください。

AWS IoT Core for LoRaWAN は、ワイヤレスデバイス、ゲートウェイ、およびプロファイル用に作成するリソースに一意の ID を割り当てます。ただし、リソースによりわかりやすい名前も付けて、リソースを識別しやすくすることができます。AWS IoT Core for LoRaWAN にデバイス、ゲートウェイ、プロファイル、および送信先を追加する前に、管理しやすくするために、それらの名前の付け方を検討してください。

作成したリソースにタグを追加することもできます。LoRaWAN デバイスを追加する前に、AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを識別および管理するためのタグの使用方法を検討してください。タグは、追加後に変更できます。

命名とタグ付けの詳細については、AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを説明する を参照してください。

デバイスデータからサービスデータへのマッピング

LoRaWAN ワイヤレスデバイスからのデータは、多くの場合、帯域幅を最適化するためにエンコードされます。これらのエンコードされたメッセージは、他の AWS のサービスで簡単に使用できない可能性がある形式で AWS IoT Core for LoRaWAN に到達します。AWS IoT Core for LoRaWAN は、AWS Lambda 関数を使用して、デバイスメッセージを処理して他の AWS のサービスが使用できる形式にデコードできる AWS IoT ルールを使用します。

デバイスデータを変換して他の AWS のサービスに送信するには、次のことを理解しておく必要があります。

  • ワイヤレスデバイスが送信するデータの形式と内容。

  • データの送信先とするサービス。

  • サービスが必要とする形式。

この情報を使用して、変換を実行する AWS IoT ルールを作成し、変換されたデータを、それを使用する AWS のサービスに送信できます。

コンソールを使用してデバイスとゲートウェイを AWS IoT Core for LoRaWAN にオンボードする

コンソールインターフェイスまたは API を使用して、LoRaWAN ゲートウェイとデバイスを追加できます。初めて AWS IoT Core for LoRaWAN を使用する場合は、コンソールを使用することをお勧めします。いくつかの AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを一度に管理する場合には、コンソールインターフェイスが最も実用的です。大量の AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを管理する場合は、AWS IoT Wireless API を使用して、より自動化されたソリューションを作成することを検討してください。

AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを設定するときに入力するデータの多くは、デバイスのベンダーによって提供され、ベンダーがサポートしている LoRaWAN 仕様に固有のものです。以下のトピックでは、AWS IoT Core for LoRaWAN リソースを説明し、コンソールまたは API を使用してゲートウェイとデバイスを追加する方法を説明します。